健康

2016/06/21

40代なのにひどい物忘れ…コレって若年性認知症の可能性がある?

40代なのにひどい物忘れ…コレって若年性認知症の可能性がある?

64歳以下で発症する認知症を、若年性認知症と呼びます。まだ40歳であるにも関わらず記憶力の低下や物忘れを実感し、不安を感じている男性からの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

40代男性からの相談:「40代になってから物の置き場所や人の名前を忘れることがあり、若年性認知症なのではと心配です」

最近、物の置き場所を忘れたり、記憶力がなくなってきていると感じることがあります。車の鍵や財布、印鑑などの置き場所を統一しているつもりですが、いつの間にか持ち歩いているようで、朝の多忙な時に探している状況です。記憶力に関しては、入社した部下の名前が思い出せなかったり、名前が出てこないときがあります。出勤時に定期や財布を忘れたり、予定を忘れたりと結構困っています。こんな状況なのに年齢は40歳です。若年性認知症でないか心配です。ただの不注意なのか判別する方法があれば教えてください。(40代・男性)

若年性認知症の可能性は無きにしも非ずなので、セルフチェックして心配なら病院へ行きましょう

自分でできる認知症チェックについて教えてくれました。結果次第では病院での検査を検討するといいようです。

相談内容の自覚症状だけでは、若年性認知症であるかどうか判断する事ができません。若年性認知症であるかどうかはいくつかの診断基準があります。物や人の名前が出てこない、置き忘れてしまう、もの忘れが多くなってきた、簡単な計算でも間違うことがある、などの複数個の問題から成る簡単なテストの様なものがあります。インターネットで検索するとオンラインのテストが受けられるサイトがあるのでそちらを受けてみると良いでしょう。結果が悪く若年性認知症の疑いが高いと思われる場合は病院で受診する事をおすすめします。(看護師)
心配でしたらできるだけ早く医療機関で専門的なテスト・診断を受けて、必要であれば治療を受けるべきです。認知症は若年性のものでも進行性の病気です。ただし、進行性の病気であっても食生活、睡眠などの生活習慣の改善や薬物療法などによって、認知症の進行を遅らせることができると言われています。すぐ出来る対策として、日々の生活サイクルから一度見直してみましょう。認知症だった場合。このまま何もしなければ徐々に進行していくばかりです。(看護師)
若年性の認知症は20~64歳でなるものです。単なる物忘れかどうかは、書かれている内容からだけでは判断しかねます。心配なようでしたらインターネットで「若年性認知症 セルフチェック」などと検索してみてください。結果次第では、病院で検査したほうがいいかもしれません。(看護師)

規則正しい生活を心がけて

予防のために心掛けるとよい生活習慣をアドバイスしてくれました。

血圧や喫煙習慣はいかがでしょう。タバコを吸われるようでしたら控えるか禁煙しましょう。又、食事は肉類中心だったり脂っこいものを摂ってコレステロールを溜めていませんか。バランスの取れた食生活を心がけましょう。ほかにも、運動習慣はいかがでしょう。運動不足になっていませんか。適度な運動をして脳を活性化させましょう。多くの病気において予防は規則正しい生活習慣にバランスの摂れた食事、適度な運動です。今からでも遅くはないので心がけてください。男性の場合は仕事一筋になりがちですが、趣味を持ったり会社外の人間関係を築くことも予防につながります。(看護師)

物忘れが心配であれば医療機関やオンラインで若年性認知症のセルフチェックをして、その結果次第では病院で受診をご検討ください。食事、睡眠、運動の見直しなど、規則正しい生活習慣や趣味を持つことで認知症の予防につながるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加