メタボリック

2016/06/23

中肉中背なのにメタボリック予備軍と指摘…なぜ?

中肉中背なのにメタボリック予備軍と指摘…なぜ?

メタボリックシンドロームは、肥満体型だけでなくても予備軍とみなされることもあるようです。高血圧のメタボリック予備軍と診断された相談者の男性は、標準体型を維持しながらメタボだけを治したいとのことですが、どうしたら良いのでしょうか。

男性からの相談:「高血圧とも関係?なんとかしたい」

中肉中背なので自分で認識はなかったのですが、医者からメタボリック予備軍であるといわれてしまいました。どうやら高血圧がいけないようです。こういった場合、現在の体型は維持し、高血圧だけを治せばメタボリック予備軍から外れることができるのでしょうか。どうしても私の中ではメタボリック=肥満というイメージが強く、自分が予備軍ということに違和感があります。(30代・男性)

メタボ予備軍の診断基準とは

メタボになっていない予備軍でも診断基準があり、自覚症状のない場合がほとんどです。高血圧だけを治せばよいのかどうかは、診断理由にもよります。

メタボリックシンドロームにきちんとした基準があるように、メタボリックシンドロームの予備軍にも基準があります。その診断基準とは【メタボリックシンドロームの診断基準には達しないが、ダイエットによって、リスクが改善されるであろう肥満】というものです。(看護師)
具体的な診断基準としては
① 腹囲が基準値以上だが、血糖値、高脂血症、高血圧の所見がひとつしか当てはまらないもの
② 腹囲は基準値以下だがBMIが25以上で血糖値、高脂血症、高血圧の所見が1項目以上当てはまるもの
この二つの基準があります。このような条件があるので、高血圧だけを治せばよいかというのははっきり言えません。貴方がなぜ予備軍だといわれたのかによります。(看護師)
メタボリックシンドロームの診断基準としては男性の場合、ウエスト85㎝以上かつ血圧、空腹時血糖、コレステロールの値のいずれか2つが該当するものと定義しています。これらの数値が異常値であっても身体はなんの症状も感じません。症状がないから医師から指摘されても自分が病気という認識がないので、今までは軽視されがちでした。それがメタボリックシンドロームという言葉で診断されるようになったのです。(看護師)

生活習慣全般の見直しを

メタボを治すには、長年の生活習慣を改善することから始めなければなりません。

メタボリックシンドロームは長年の生活習慣によるものです。血圧だけを下げればよいというものではなく、脂っこい食事を控えたり、暴飲暴食、食事を抜く、夜遅い時間に食べる、野菜を摂らないなどの生活全般を変えていく必要があります。喫煙や運動不足であればなおさら是正したほうがよいです。(看護師)

自覚症状がなくても血糖値などが診断基準の数値より高いと判断されれば、メタボになる可能性は高いかもしれません。メタボを予防するためには、生活習慣全般を改善することが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加