メタボリック

2016/06/22

40代で普通体型。今後メタボになる可能性は?

40代で普通体型。今後メタボになる可能性は?

40代にもなると周囲でメタボを指摘される人が増えてきますが、自分はメタボとは無縁だと思っている人もいるでしょう。今のところ普通体型だとしても今後メタボになる可能性はあるのか、また最近巷で噂のかくれメタボとはいったい何なのでしょうか。

40代男性からの相談:「中肉中背で健康体。かくれメタボなどの可能性は?」

現在43歳で同年代の人と比べても普通の体型を維持しています。食生活は仕事上、人よりも遅い時間帯に食べ、アルコールも適量を毎日飲みます。今まで病気1つせず健康に過ごしていますが、それでも体内脂肪は増えるのでしょうか。運動はほとんどしていませんが、仕事で毎日3km程度は歩いていると思います。最近かくれメタボについてのニュースをよく見ますが、こんな私でもメタボになるのか気になります。(40代・男性)

歳をとるにつれ筋肉量が減り太りやすく

年齢を重ねるにつれ筋肉の全体量が減るため、消費カロリーが減少して太りやすくなると看護師さんは説明しています。

加齢とともに、筋肉の量や質も衰えてきます。カロリーは主に筋肉を動かすことで消費されますが、筋肉量が減少すれば消費カロリーや基礎代謝も低下するので、どうしても太りやすくなります。3kg程度歩いても大した運動とはいえないですし、これまでのように普通に食事をして普通に過ごしているだけでは、やはり少しずつ太ってしまうでしょう。(看護師)

かくれメタボやかくれ肥満の予防法とは?

見た目普通の体型でも、体脂肪が高いとかくれメタボと診断されることがあります。毎日の飲酒や就寝前の食事などは脂肪を溜め込みやすく、また内臓脂肪型の肥満の場合は動脈硬化などを引き起こす原因にもなるので、脂肪分の多い食事は控えた方がよいでしょう。

隠れメタボは見た目の体型が普通でも体脂肪が高いことをいいます。隠れ肥満は運動をしていないのに体重は増えず、その場合内臓に脂肪が蓄積されている可能性があります。外食が多かったり、高カロリーの食事を好んで摂取していると体内脂肪に影響しますし、またお酒も体脂肪の増加に関係しているので毎日の飲酒は控えましょう。(内科看護師)
就寝前に食べたものは消費されず体内に脂肪となって蓄積されるため、食事は就寝3時間前までに済ませるのが理想です。隠れ肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型がありますが、内臓脂肪型は動脈硬化や高血圧症や糖尿病など生活習慣病の原因になります。健康診断を受けていないのなら一度検診を受け、現在の身体の状態を把握しましょう。(健康管理室看護師)
食事をしてから就寝までの時間が短いと消化不良を起こしますし、肥満の原因にもなります。仕事上仕方ないかもしれませんが、食事はできるだけ早めに済ませましょう。(看護師)

見た目メタボ体型ではないからといって、完全に安心はできないようです。年齢とともに基礎代謝は下がってくるので、自然と太りやすい体質に変化していきます。この機会に一度、ご自身の食事や運動といった生活習慣を再度見直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加