メタボリック

2016/06/20

メタボが原因で発症した病気はメタボ改善で治るのか?

メタボが原因で発症した病気はメタボ改善で治るのか?

30~40代に入ると、健康診断などでメタボと指摘される人が多いです。メタボは糖尿病や高血圧などの原因となりますが、メタボが原因でこのような病気になった場合、メタボを改善すれば病気も治るのでしょうか。

40代男性からの相談:「メタボで注意すべき病気は?メタボ改善で病気も治る?」

健康診断でメタボと診断され、数年が経過しました。運動や食事制限などを試みても思うように体重が落ちませんが、他によい方法はないでしょうか。またメタボが原因の病気は糖尿病や高血圧が有名ですが、それ以外に気をつけなければならない症状は何でしょうか?またメタボのせいで罹ってしまった病気はメタボを解消しても手遅れなのでしょうか。服用していた薬を飲まなくても改善するのかなど、教えていただきたいです。(40代・男性)

メタボの段階で改善することが大切

メタボが原因で起こってしまった病気は、その後メタボを改善したからといって病気も治るというわけではないようです。メタボ解消にはある程度の期間が必要ですが、糖尿病などの他に動脈硬化などの原因にもなるため、メタボの段階で改善することが大切です。

運動や食事制限をしたとのことですが、どのくらいの期間チャレンジされたのでしょうか。メタボの診断を受けたということは、腹囲以外に血圧や血糖値などほかの項目も指摘されているはずです。メタボは数カ月という短期間で改善するものではないため、運動や食事療法を継続することが重要です。(看護師)
注意すべき症状は、糖尿病などのほかに動脈硬化などもあります。メタボの改善で病状がよくなることはあると思いますが、メタボが改善したからといって病気が治るということではありません。(看護師)
年齢が上がるにつれ代謝が落ちるため体重が減りにくくなりますし、メタボは食習慣や生活習慣の乱れが原因となって起こります。生活習慣が原因で起こるⅡ型糖尿病は、食生活や運動療法によりある程度はコントロールができるようになります。また高血圧症などは、塩分を控えたり医師の指示に従い治療を行なえば、病気の種類によっては内服薬の量を減らすことは可能です。(内科看護師)
メタボは高血圧や高脂血症や高血糖になるばかりでなく、動脈硬化を引き起こして心筋梗塞や脳卒中、糖尿病を併発するリスクが高くなります。メタボの段階で改善できれば、将来このような心臓病や脳疾患などに罹る確率も低くなります。(内科看護師)

メタボを改善するためには?

メタボが様々な病気の原因になることはわかりましたが、メタボを解消・予防するためにはどうすればよいのか、次のように看護師さんからアドバイスいただきました。

メタボの改善には栄養バランスのよい食事が重要ですが、運動などでエネルギーを消費することも大切です。食事は和食を心がけ青魚をなるべく食べるようにして、運動はジョギングやウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。そのほか、アルコールやタバコなどの嗜好品も控えましょう。(内科看護師)

メタボと診断されても、特に何も症状がないうちはピンとこないかもしれません。しかし糖尿病や動脈硬化を引き起こしてからでは手遅れになることもあるので、今のうちに改善しておくのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加