腸炎は繰り返し起こる?その原因は何だ?

  • 作成日:2016.06.16
  • 更新日:2017.02.09
健康

腸炎にかかると激しい腹痛が数日間続き、とても辛い思いをします。一般的に腸炎といってもウイルス性のものや食中毒など様々ですが、腸炎は一度なると繰り返すものなのか、その主な原因はいったい何なのでしょうか。

30代男性からの相談:「激痛を伴う腸炎。ウイルス性ではないが繰り返すのはなぜ?」

昨年9月に救急で運ばれる程の腸炎にかかり、ウイルス性ではなく原因は不明で、物凄い激痛に3日間ひたすら耐え続けました。今年の2月にまた腸炎にかかり、前回程重症ではありませんでしたが、前回同様ウイルス性ではないということがわかっただけで原因は不明でした。その後は少し腹痛が起きる度に腸炎ではないかと不安になります。腸炎は繰り返してしまう病気なのか、またウイルス性でない腸炎の予防策はあるのでしょうか。(30代・男性)

ストレスなどが原因で起こる場合も

腸炎の原因として考えられるのは、ウイルス性や細菌感染のほか、ストレスなどが原因で起こる神経性のものが挙げられます。原因によっては繰り返し起こることもあり、食事や生活習慣の乱れなども関係しているようです。

腸炎は字の通り腸が炎症を起こした状態ですが、一般的にウイルスや細菌によるものがほとんどです。それ以外ではストレスによる神経性胃腸炎、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取によるもの、アレルギー、薬の副作用が考えられます。腸炎を起こした時に思い当たることはなかったでしょうか。 (医師)
腸炎の原因は様々で、ウイルス性のものや細菌性のもの(いわゆる食中毒)や神経性のものなどがありますが、ウイルス性や細菌性の一過性の腸炎ではないようです。肉体的な疲労、不安や緊張などのストレスで自律神経に乱れが生じた場合、胃腸の働きも乱れ腸炎を引き起こします。そしてストレスを感じる度に腸炎を繰り返し、慢性化してしまいます。(看護師)

刺激物は控え、ストレスをためない!

アルコールなどの刺激物は控え、腸への負担が少ない消化のよい物を摂るようにしましょう。また腸はストレスの影響を受けやすいため、心身ともにリラックスする時間を設けるように心がけてください。

腸炎は原因によっては繰り返すことがあります。生ものを食べる時は注意した方がよいでしょう。アレルギーがあればアレルゲンとなる食材は避け、温かく柔らかいものをゆっくりよく噛んで食べるようにしてください。冷たい物やアルコールやカフェインなど刺激物のとりすぎには注意して、お腹の痛みがある時は食事は控え、ストレスをためないように心がけましょう。(医師)
食事や生活習慣を見直したり、ストレスを取り除くよう心がけることが大切です。腸炎を起こすことへの不安な気持ち自体がストレスになることもあるため、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。腸は肉体的にも精神的にもストレスの影響を受けやすい臓器です。強いアルコールやカフェインを含む飲料や辛い食べ物を控えたり、心がリフレッシュできる環境を整えることが大切です。(看護師)

ウイルス性や細菌性のほか、ストレスなどが原因で起こる腸炎もあるようです。日頃の食事や生活習慣の影響も大きいようですし、今一度ご自身のライフスタイルを見直してみるとよいかもしれません。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!