健康

2016/06/15

自分でできる水虫の判別法ってあるの?

自分でできる水虫の判別法ってあるの?

症状から水虫かもと思っても、自分で判別するのは難しいですよね。自分でできる水虫の判別法を知りたいという相談に、お医者さんと看護師さんはどのように答えているでしょうか。

相談:「足に水泡や皮剥けが…病院で検査しないと水虫の判定はできないのでしょうか」

私は10年以上前に水虫にかかったと思うのですが、その時は市販の薬を使用し、症状は治まりました。最近、軽度ですが同じような症状が出てきました。特に痛みや痒みはありませんが、小さな水泡ができたり、指と指の間の皮が剥けたりします。元々私は足の裏に汗をかきやすい体質なので、ただ単に蒸れて水虫のような症状が出ているのか、それとも水虫なのか分かりません。やはり病院で検査をしないと分からないのでしょうか。(40代・男性)

皮膚科受診の検討を

水虫か判断するには受診が必要なようです。水虫の原因や、治すことの難しさについて教えてくれました。

水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に付着して起こるもので、皮膚の奥にまでカビが侵入していることがあり、治ったと思っても繰り返すことがあります。症状はかゆみや水泡、皮がむけたりしますが、白癬菌を確認しないと水虫とは判断できません。(医師)
昨今はドラッグストアなどでも簡単に水虫の治療薬を購入することができるためか、症状がなくなった=治ったと思いがちです。症状が治まるのは塗り薬によって白癬菌の活動が抑えられるからで、ここで治ったと思いやめてしまうと、皮膚の角質層の深くに残った原因菌再び活動して症状を伴います。煩わしく感じるかもしれませんが、最低でも一カ月は治療を続けるようにしてください。(皮膚科看護師)
質問内容を拝見したところ、症状は改善したようですが水虫は治っていません。水虫は白癬菌と呼ばれるものが原因の多くを占めます。購入した塗り薬を使用し、症状が改善したとしてもそれは一部です。市販で購入した薬が、そもそも原因となるものに効果があるのかはわかりかねますし、手や足の爪にも菌が存在しているかもしれないので、一度皮膚科を受診して検査を受けることをおすすめします。(皮膚科看護師)

足の清潔と通気、乾燥を心がけて

自宅でできるケアについてアドバイスしてくれました。ポイントは足の清潔と通気、乾燥のようです。

自宅での対処法としては、足の清潔、通気をよくして乾燥を心がけてください。足を洗う時は、殺菌作用のある石鹸や、薄めたミョウバン液、お酢を少量入れたお湯で洗ってください。家の中では素足で過ごした方がいいですが、家族がいる場合はうつしてしまうことがありますから、バスマットやスリッパの共用は避けてください。(医師)
足に汗をかきやすいのでしたら、靴下は指のあるもので、汗をかいたら履き替えるようにしてください。この時に汗拭きシートなどで拭きとって、乾燥させてから新しい靴下をはいてください。靴は通気のいいものか、仕事場ではスリッパを履いたり、時々は脱いで、足の通気をよくしましょう。しかし、これだけでは水虫を完治することは難しいので、治療は病院で行ってください。(医師)

水虫は皮膚科で白癬菌がいるか確認しないと、判断できないようです。自己治療は難しいので、受診をご検討ください。自宅では、足の清潔、通気、乾燥を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加