健康

2016/06/10

年々ひどくなる便秘。大きな病に繋がる可能性は?

年々ひどくなる便秘。大きな病に繋がる可能性は?

便通が悪いと何だかスッキリせず、気分的にも憂鬱になってしまうことがあります。水分補給などに気を付けていても便秘がどんどんひどくなる場合、放っておくと何か大きな病気に繋がってしまうということはあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「なかなか解消されない便秘はどうすれば?」

今まで便秘とは全く無縁でしたが、2~3年前から便秘気味で年々症状がひどくなっています。生活習慣に大きな変化があった訳でもないですし思い当たる原因はなく、ただ歳を取ったことによるものだと思います。今までより水分を多めに摂るよう心がけてはいますが、当初は効果があったものの最近はなかなか解消しません。このままだともっと酷くなって、何か大きな病気に繋がったりしないでしょうか。(30代・男性)

加齢やストレスが原因のことも

歳をとるとともに腸の機能も少しずつ衰えますし、ストレスが便秘に影響することもあるようです。便秘といっても2~3日に1度排便があるならさほど心配ないですが、便秘がひどくなることで起こる疾患もあると医師や看護師さんは説明しています。

便秘といっても、2~3日おきくらいに排便があれば心配ないでしょう。便秘の明確な定義はありませんが、数日に1回の排便で腹部膨満感や残便感を伴うもの、怒責しなければ排便できないような硬い便の場合は注意が必要です。(医師)
加齢により少しずつ腸の調子が衰えてきている可能性も否定できませんが、ストレスが影響していることもあります。自分では特にストレスと感じていなくても、実際にはストレスになっていることもあるようです。(看護師)
便秘がひどくなることで起こり得る病気や症状はいくつもあり、下血・大腸がん・イレウス(腸閉塞)・ねじれ腸・高アンモニア血症など、他にもあります。(看護師)

腸内環境を整える生活習慣とは?

便秘解消のためには腸内環境を整える必要がありますが、十分な水分補給の他にどのような方法があるのでしょうか。次のようにいくつかアドバイスをいただいたので、ぜひ参考にしてみてください。

便秘を改善するには繊維質を含む食品を多めに、できるだけ規則的な食事間隔でよく噛んで食べるようにしてください。脂っこいものは便を硬くするので控え、善玉菌を増やして腸の動きをよくする乳製品やオリゴ糖を摂るとよいでしょう。(医師)
軽く汗をかく程度の運動を行って腸の動きをよくし、お腹が張ってきたと思ったら下腹部を「の」の字にマッサージしてください。トイレは我慢せず、便意がなくてもできれば毎日同じ時間にトイレに行くようにしてください。便秘がひどくなると腸閉塞を起こすこともあるため、頑固な便秘が続く時は緩下剤や座薬、浣腸で排便を促すことも必要です。(医師)
改善策としては水分もよいですが、しっかり野菜をとってください。野菜ジュースなどでは確実に食物繊維が不足するため、野菜や大豆などを中心とした食事を心がけましょう。また、適度に運動をすることで、腸の動きが改善されて便通もよくなります。(看護師)

2~3日に1度便通があるなら深刻ではないようですが、ひどい便秘は別の疾患を引き起こす原因となる場合もあります。腸内環境を整えるための食事や生活習慣について、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加