健康

2016/06/08

健康診断の潜血反応と貧血の関係は?

健康診断の潜血反応と貧血の関係は?

健康診断で毎回尿に少量の潜血反応があると言われてきた今回の相談者。自覚症状もなく治療の必要はないとの説明を受けましたが、50代となった今、潜血反応が悪化、また貧血状態にあるとの診断を受けました。

50代男性からの相談:「毎年行われている、健康診断での潜血反応について」

大学卒業後、社会人1年目から健康診断にて潜血反応があるとの診断を受けていました。「長時間座ることで腎臓が圧迫されるデスクワークやタクシードライバーのような職業では良くある事で、現段階ではなんら問題はありません」との説明を受けました。このことについて長年留めていなかったのですが、5年前に諸事情から正社員から派遣社員の道を歩むようになり、健康診断を久々に受けたところ潜血反応が以前より悪化しており、貧血状態であることが判明しました。もし、潜血との因果関係があるとしたら治療を真剣に考えています。(50代 男性)

まずは精密検査を受けましょう

専門家によると、血尿が出続けていることと貧血には因果関係はあるとのことです。そして相談者の現在の症状を鑑みて、状態を正確に把握するために精密検査を受けることをすすめています。

長年にわたって血尿が出ていますから、貧血になるのも理解できます。医師が言われたように腎臓に、負担をかける姿勢やストレスや疲れた時にも血尿がでることがあります。一時的なものでしたら心配ありませんが、慢性的に血尿を指摘され貧血にもなっているのでしたら、一度、精密検査を受けた方がいいでしょう。 (医師)
尿検査で潜血反応陽性で以前よりひどくなったと思われているようですが、肉眼的に目に見えて尿が赤いということはありますか?健康診断の結果も気になるところではあります。経過観察の域なのか要治療・要精密検査なのか記載はありましたでしょうか。経過観察で良いのであれば定期的に年に1回健康診断を受けてください。そうでないのであれば消化器内科などの診療科を受診してください。(看護師)

また、貧血の数値にも注目すべきだと指摘しています。数値によって経過観察でよいのか検査が必要なのか、取るべき対応が変わってきます。

正常域をわずかに下回る程度なのか、著しく低下しているのかによっても話は変わってきます。0コンマいくつ下回った程度なのか、正常に比べて数値が低下しているのであれば体のどこかでじわじわ出血している可能性が疑われます。そうなると内視鏡の検査などが必要になると思いますし、そのようにアナウンスされると思います。(看護師)

尿の潜血反応で疑われる病気とは

血尿が一時的で少量であれば経過観察になる場合が多いということですが、程度によっては重篤な病気が潜んでいる可能性もあります。相談者の場合は貧血も併発しているので、やはり詳しい検査が必要でしょう。

尿の潜血反応が出た場合、膀胱炎や尿管結石、尿道炎、前立腺肥大、糸球体腎炎などが疑われます。潜血の程度がどれくらいか分かりませんが、目に見える血尿でなくても、尿検査で潜血反応がでることがあります。潜血反応が出てもすぐに病気というわけではなく、そのまま様子を見ることも多いですが、稀に腎臓癌や膀胱癌、前立腺癌が見つかるケースもあります。(医師)

若いときは気力体力でカバーできていたかもしれない身体の不調ですが、年齢を重ねるにつれ見えにくい部分から少しずつ傷んでくることもあるでしょう。まずは現状を正しく把握するために検査を受け、専門医との話し合いで有効な手立てを講じていくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加