健康

2016/06/06

若い頃に尿路結石になったことがあり、再発が心配です

若い頃に尿路結石になったことがあり、再発が心配です

20代のころに尿路結石でつらい思いをしたという男性からの、中年になり再発が心配になってきたという相談です。一度かかった人は再発しやすいのでしょうか。どうすれば再発を防げるでしょうか。

40代男性からの相談:「尿路結石の再発しやすさと予防方法について」

尿路結石は一度なると再発しやすいのでしょうか。20歳の頃に不摂生がたたったのか発症しました。当時、吐き気や痛みが強く非常につらい思いをしました。生活を見直し摂生に努めたからか、今までは再発せずにきました。しかし、中年にかかり心配になってきました。一度発症した人は、再発率が高いのでしょうか。体質や遺伝要因などが関係しているのでしょうか。また手軽に出来る予防方法がありましたら、教えていただきたいです。(40代・男性)

生活習慣を改善していない場合は再発率80%

尿路結石の治療を受けた人のうち80%以上が、再発するといわれているようです。しかし生活習慣を一部だけでも改めれば、その可能性は半分に減るということです。特殊なケースにおいては、体質や遺伝がかかわっている場合もあります。

尿路結石が再発しやすいというのは本当で、実際に尿路結石の治療を受けても80%以上の人が再発しているというデータもあります。しかし再発させてしまうような生活習慣を改善していない人がほとんどです。治療を受けた人で、水分を多く摂るように心がけるだけで、その他の生活習慣を改善しなくても約半数が再発を抑制できているという情報もあります。(看護師)
尿路結石は20歳代〜40歳代の男性が罹りやすく再発しやすい病気です。遺伝に関してはシスチン結石と呼ばれる特殊な結石ができる場合は遺伝が関係しています。また体質によって副甲状腺からホルモンが過剰に分泌されれば尿路結石ができやすい原因になります。(看護師)

水分補給と食習慣、運動や生活習慣に引き続き注意を

シュウ酸の少ない食生活のほか、水分補給や運動、ストレスなどの生活習慣にも注意しましょう。心配な場合は受診して生活指導を受けたり、予防薬を処方してもらうのもよい方法です。

日頃から水やほうじ茶、番茶や麦茶などの水分を1日2リットル飲むようにします。コーヒーや紅茶、煎茶はシュウ酸を含み結石の原因になるので避けるようにしましょう。ホウレンソウやタケノコ、イモ類にもシュウ酸が多く含まれます。動物性蛋白食品や糖分の多い物、脂肪分の多い食品、アルコール類はできるだけ摂取しないようにします。また青魚や野菜、海藻類などの食品をカルシウムと一緒に摂取すると予防に繋がります。(看護師)
食事療法のほか、適度に運動をしたり規則正しい生活や十分な睡眠でストレスを溜めないことも大切です。寝る直前の食事も結石ができやすい原因になるのでやめましょう。(看護師)
日常生活(食事・ストレス・睡眠・運動)のほかに再発を抑制できることとしては、病院で生活指導を受けることや、予防のための薬の処方を受けることが有効だと考えられています。(看護師)

尿路結石の再発のしやすさに関しては、治療後に生活習慣を改善していない場合の再発率は確かに高いようです。引き続き食事や運動、水分補給など生活改善に努めるとともに、病院での生活指導や予防薬の処方なども視野に入れるとより安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加