健康

2016/06/05

尿路結石?突然襲うあの激痛、事前に予測する方法は?

尿路結石?突然襲うあの激痛、事前に予測する方法は?

いつも急にやってくる、尿路結石のような激痛に悩まされている男性から相談が寄せられました。痛みがやってくる前に予測して準備できるような、前兆などはないでしょうか。

50代男性からの相談:「事前にあの痛みが来るのを知る術はないのでしょうか」

3度尿路結石のような激痛に襲われています。そのうち1度は救急搬送してもらいました。思い返せば、何となく腰の辺りが痛かった気がしますし、尿の色が普段とは違っていたと思うこともあります。事前にあの激痛がやって来るのを知る方法はないのでしょうか。いつも急にやって来て、息もできないくらい激痛に苦しんでしまいます。事前に何かしら分かれば、薬を用意しておくなど対処ができると思うのですが不可能なのでしょうか。(50代・男性)

前兆として背中やお腹の痛みや血尿のある場合も

毎回痛みの原因が尿路結石だと仮定すれば、人それぞれではありますが、背中やお腹・脇腹の痛み、血尿などを前兆として訴える人が多いようです。

質問からすると尿管結石が疑われます。腰に激痛が起こる場合は腎臓にあった結石が尿管に出てきた時です。腎結石では血尿が見られ鈍痛で激しい痛みを伴うことは少ない傾向にあります。(看護師)
痛みが起きたうちの1回は病院に行かれているようですが、残りの2回の痛みが1度目の痛みとは全く原因が異なることあります。激痛ということなのでかなりの症状であることは想像がつきますが、もしかしたら尿路結石でしょうか。痛みが尿路結石からくるものだとすれば、疼痛発作の前兆は人それぞれです。背中が痛むという人もいればおなか・脇腹が痛んだり、血尿を確認できる人もいます。(看護師)

食事や水分補給に注意し、薬の準備も視野に

普段から十分に水分をとり、尿酸値が上がる食品の摂りすぎに注意しましょう。また医師と相談して、痛み止めの準備や予防薬の処方も考慮に入れるとよいかもしれません。

尿が酸性だと結石ができやすいため水や麦茶、番茶、ほうじ茶などの水分を1日に2リットルほど飲むように心がけて下さい。また動物性蛋白や脂肪分や糖分の多い食品など尿酸値が上がるような食品を摂取すると、結石になりやすいためこの様な食事を避けるようにします。(看護師)
痛み止めとしてブスコパンやボルタレンが効果的です。また予防薬もあるので尿検査やエコー検査、レントゲン検査などを受けて医師の指示に従って処方してもらうことも可能です。腰に違和感を感じたら、早めに薬を飲んで痛みを和らげることができます。(看護師)

激痛の原因が尿路結石だとすれば、背中やお腹の痛み、血尿などを前兆として訴える人が多いようです。日頃から水分補給や食事に注意し、医師と相談して予防薬を処方してもらったり、痛み止めを準備しておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加