健康

2016/06/04

50歳の男性。尿が泡立つ原因って一体ナニ?病気の可能性はあるの?

50歳の男性。尿が泡立つ原因って一体ナニ?病気の可能性はあるの?

尿の性状(色や臭いや成分など)の変化は、体調の変化を表す場合があります。 尿が泡立つのにはどんな理由があるのでしょうか。何か病気が隠れているのでしょうか。医師や泌尿器科の看護師さんにアドバイスをいただきました。

50歳の男性からの相談:「最近尿が泡立つようになって気になります。年齢的にも隠れた病気が心配…」

最近、おしっこをすると白い泡が立つ時がしばしばあります。いつもではないのですが、午前中や疲れているときに多いような気がしています。会社の健康診断でも尿検査で特に引っかかったこともありませんでした。50歳を迎え健康にも気を使わなければと考え始めているこの頃ですが、何かの病気の可能性があるのでしょうか。それとも男性にはよくあることで特に気にしなくてよいのでしょうか。(50代・男性)

尿が泡立つ場合、腎臓の病気が隠れている可能性が。

尿の成分は見た目だけでは分かりにくく、泡立つのは尿の中に不純物が多くなっている証拠です。重い腎臓の病気が関係しているケースもあるので注意が必要です。

尿が泡立つ場合、タンパク尿が出ていると考えられます。疲れていたり、発汗や脱水によって尿が凝縮されている時にはタンパク尿が出やすく、一時的なものでしたら心配ありませんが、慢性的にタンパク尿が出る場合は、腎機能障害があると考えられます。健康な腎臓は血液をろ過し、不要な水分や老廃物を尿として排出しますが、腎機能に問題があると正常なろ過作業ができず、腎不全を起こし最悪の場合、死に至ることもあります。(医師)
定期的に健康診断を受けていらっしゃるようなので緊急性はないように感じますが、考えられるものとしては腎臓関連の病気です。十分にろ過された液体は不純物がないので泡立ちませんが、不純物が多いと液体は泡立ちやすくなります。つまり尿が泡立つというのは腎臓のろ過機能が低下し不純物が濾しきれなくなっていることが考えられます。ただし疲労している時に尿のろ過機能が低下して、一時的にタンパク尿となることもあります。(泌尿器科・看護師)

尿の異常が続く場合は早めの受診を。自分でチェックする方法も!

尿に継続的にタンパクが出ているかどうかは、病気の重大性を見分ける一つの方法です。ご自分で調べる方法もありますが、早めに専門医を受診した方が安心かもしれません。

検診で異常を指摘されなかったのであれば、様子をみていいと思いますが、頻回に泡が混ざるようになったり、尿量が少なくなるようでしたら早めに病院を受診してください。また自宅で尿糖やタンパク尿を検査できる検査キットが市販されていますから、時々チェックしてみてください。(医師)
腎臓に負担をかけないために、規則正しくバランスの摂れた食事を意識して適度に運動を心がけてください。塩分を摂りすぎて血圧が高くなっても腎臓に負担がかかるので、塩分は控えるようにしてくださいね。(泌尿器科・看護師)

50代となると身体の様々な変化に対応していかなければなりません。尿が泡立つというのは病気の徴候かもしれませんので、見逃せません。腎臓の病気が隠れている可能性があるので、症状が続く場合は早めの受診をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加