健康

2016/06/03

下痢ではないが常に軟便。何かの病気のサインか?

下痢ではないが常に軟便。何かの病気のサインか?

下痢というわけではないが、いつも便が柔らかい……。このような場合、何かの病気なのではと少し気になってしまいます。特に腹痛などはないけれども常に軟便だという場合、何か問題があるのでしょうか。

40代男性からの相談:「下痢ではないがいつも軟便。身体に何か問題が?」

私は昔から通じがよく、生まれてこのかた便秘をしたことがないですが、いつの頃からか便の状態が柔らかくなり、今はほとんど下痢のような便が出ます。しかし下痢のようにお腹が痛くなったりすることもなく、普通に便意を催します。人よりもお茶を飲む量が多いことが原因かなと思っていますが、何か問題があるのでしょうか。特に体調不良などはありません。(40代・男性)

1日数回の軟便なら様子見を

激しい下痢が何度も続く場合は過敏性腸症候群などの可能性がありますが、1日に数回の軟便であれば特に異常ではないようです。

下痢といっても、1日に1~2回ほどの軟便ならさほど気にしなくてよいでしょう。形のない水様便が頻回にある場合は、感染による胃腸炎やアレルギー、ストレスなどによる過敏性腸症候群が考えられ、感染による胃腸炎の場合は下痢を止めるより早く排泄した方がよいでしょう。(医師)
糖尿病など自律神経が乱れる病気でも、下痢が続くことがあります。整腸剤や善玉菌に作用するサプリメントを内服しても改善しない時は、医療機関を受診して詳しく診てもらうとよいでしょう。(看護師)
便秘になるより便通がある方がよいですが、頻回の下痢では脱水を起こしたり、栄養が吸収されず栄養不良を起こすことがあります。また、下痢の刺激によって痔になることもあります。(医師)

刺激物や脂肪分の多い食事は控える

刺激物や脂肪を多く含むものは避け、緑茶の飲みすぎも下痢や軟便の原因になるので少し控えた方がよいでしょう。また下痢の時は脱水を起こしやすいため、水分補給はしっかり行うようアドバイスいただきました。

水分の摂りすぎも下痢の原因になりますが、下痢の時は脱水になりやすいので逆に水分補給する必要があります。水分の目安は1日1500~2000ml程度で、温めのお湯やスポーツドリンクなどをゆっくり飲んでください。(医師)
冷たい物や刺激物、脂肪を多く含むものは下痢になりやすいので、消化のよい柔らかいものや良質のたんぱく質を摂るようにしましょう。体調不良がなければ様子見でよいですが、下痢の回数が増えたり水様便になるようなら病院を受診してください。(医師)
緑茶にはカフェインやタンニンが含まれており、飲み過ぎによって消化不良を起こし下痢や軟便になることがあります。緑茶の量を少し減らして様子をみましょう。(看護師)
食生活の変化やストレスがあるなど、生活環境に変わりはないですか?暴飲暴食、アルコールやカフェインの過剰摂取、また糖分や脂肪分の摂りすぎも軟便や下痢の原因になりますし、そのほか糖類不耐性など牛乳を飲むことによって起こる軟便もあります。その日に飲食した物をメモして、何か原因になっているものはないか調べてみましょう。(看護師)

現状では様子見で良いようですが、食生活についていくつかアドバイスいただいたので、ぜひ参考にしてみてください。今後下痢の回数が増えるなど変化があれば、早めに病院を受診した方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加