健康

2016/05/28

オイリー肌は食事で改善出来る!? 気になるベタつきを防ぐには

オイリー肌は食事で改善出来る!? 気になるベタつきを防ぐには

清潔を心掛け、いろいろ努力はしているものの頭皮や身体がすぐにベタついてしまう…オイリー肌の悩みは深刻です。女性受けもよくないし、何より自分が気持ちよく過ごせないのが辛いですよね。相談者も自身の肌質を何とか改善したくて相談を寄せてくれました。

30代男性からの相談:「お風呂あがり後の油性肌について」

30代になってから、お風呂あがりの5~6時間後、皮膚全体が脂っぽくなってしまう事に悩んでいます。特に頭皮の脂分が酷く、脂の層が浮きあがってくるかのような感覚を覚えることがあります。頭皮を軽く擦ってみると、ネトっとした脂分が手についているのが分かります。身体のほうは特に背中が多少ヌンメリして、折角お風呂へ入ったのに台無しな感覚へ陥ります。このような状態を防ぐためにスキンローションを塗るのですがそれでもあまり効果は感じられません。食事療法なのなど何か良い対処方法があれば教えて下さい。(30代 男性)

食生活の改善は肌質改善に繋がります

肌質を外側から改善する働きかけと同時に、生活習慣を意識的に変えることでより高い効果を実感することができます。脂質や塩分の摂り過ぎに注意し、汗をたくさんかくために適度な運動をすることは、肌のターンオーバーを促し、新陳代謝を活発にしてくれます。オイリー肌解消の近道になることは間違いありません。

食習慣を変えてみましょう。オイリー肌を改善するには皮脂の分泌を抑えることが挙げられます。そのため、食事は、皮脂の分泌を抑制する効果があるはビタミンB2やビタミンB6を積極的に摂取しましょう。これらが含まれる食べ物は以下のようなものがあります。

ビタミンB2:海藻類、卵類、ヨーグルト、レバー、ウナギなど
ビタミンB6:大豆、マグロ、青魚、レバーなど

ほかにもまだたくさんありますので調べて好きな物を摂取するように心がけましょう。
また、油っこい揚げ物やてんぷら、脂肪分の多い食べ物、バター、ラード、砂糖、アルコール、唐辛子などの香辛料は皮脂の分泌を増加させるとも言われていますので、これらを控えた方がオイリー肌の改善になるはずです。もちろん、偏った食生活は逆効果になりますので、野菜やお肉、お米をバランスよく摂取することをおすすめします。規則的な生活で、適度な運動を毎日心がけて汗をかくようにしてください。汗をかくことで、皮脂が排出されやすく汗が循環され、さらさらの汗になります。水分も多めにとるようにしてください。(医師)

今使っている洗剤を見直しましょう

普段使っているボディーソープやシャンプーにはどんな特長があるかご存知でしょうか。今や男性用もいろんな種類のものが販売されているので、相談者の場合はオイリー肌向けのものを選ぶ必要があるでしょう。洗い方やすすぎ方にも注意してください。

体が脂っぽいのでしたら、ボディーソープやシャンプーは殺菌作用のあるものを使ってみてください。今では低刺激のアミノ酸配合のシャンプーや保湿力の高いボディーソープなど数多く市販されていますので、店員や薬剤師に聞く等して自分の肌に合ったものを選びましょう。頭皮はゴシゴシ擦る必要はありませんから、マッサージするように洗い、シャンプーのカスが残らないよう、しっかりとすすいでください。シャンプーの後は、頭皮をドライヤーでよく乾かして通気をよくしましょう。(医師)

最後にワンポイントアドバイス。短髪のさっぱりした外見はそのまま肌質改善にも役立ちそうです。

髪は短くカットし、整髪剤は使用しない方がいいでしょう。また、ストレスをためないようにしてください。(医師)

以上のようなことを実践しても、短期間で効果を実感することは難しいかもしれません。肌質改善には相応の時間を要することを念頭に、身体の外からのケアと内からのケアを粘り強く続けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加