健康

2016/05/28

ホウレンソウを食べると尿路結石に?避けるべき食品とは?

ホウレンソウを食べると尿路結石に?避けるべき食品とは?

ホウレンソウが尿路結石の原因になると聞いた男性から、食品と結石の関係について質問が寄せられました。結石予防のために避けたほうが良い食品、食べたほうが良い食品はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「尿路結石になりやすい食べ物はありますか?」

祖父が尿路結石になり、それ以来ホウレンソウを食べることを控えるようになりました。どうやら祖父はホウレンソウが、尿路結石の原因になったと考えているようです。もしかしたら、医師にそのようなアドバイスをもらったのかもしれません。そこで質問なのですが、尿路結石になる確率を高めるため避けた方がよい食べ物はあるのでしょうか。また、尿路結石を予防するために食べた方がよい食品はあるのでしょうか。医学的な立場からご教授願います。(20代・男性)

バランスの摂れた食事が大前提

避けるべきもの、食べるべきものを意識しすぎて栄養が偏っては元も子もありません。避けるべきとされている食品にも健康に良い成分が含まれています。バランスの摂れた食事を心がけることが大切です。

ホウレンソウにはシュウ酸と呼ばれるものが含まれていますが、ではホウレンソウは食べてはいけないのかというとそうではありません。健康によいとされている大豆製品も食べ過ぎると結石の原因となりますが、ご存知のように身体によいものでもあります。(看護師)
最近では病気予防の視点から「避けたほうがよい食品はどんなものか」、「食べたほうがよい食品はどんなものか」という質問を受けますが「絶対に避けなければいけない」というものは基本的にはありません。どんなものでも「絶対に摂取しない」となると栄養バランスが崩れますし「食べたほうがよい」といわれてそればかり意識しすぎても栄養が偏ります。大前提としてバランスが摂れた食事が重要です。(看護師)

摂りすぎに注意するもの、意識して摂りたいもの

どんな食品でも過剰摂取は避け、あくまでもバランスよく摂るよう努めましょう。

栄養学的観点から摂りすぎに気を付けてもらいたい食材は、ホウレンソウやタケノコなど植物性で「灰汁」の強いものや、プリン体を多く含むものでレバー・マイワシ・カツオ・干しシイタケです。成分としては砂糖や、動物性たんぱく質・塩分・脂肪です。摂取することを意識したほうがよい成分はクエン酸・マグネシウム・食物繊維・カルシウムです。もちろん過剰摂取はせずバランスよく摂りましょう。(看護師)

尿路結石を防ぐため、灰汁の強い植物や、レバーなどの動物性たんぱく質の摂りすぎに注意しましょう。クエン酸や食物繊維は意識して摂りたい成分です。しかし結石になりやすいとされている食品にも健康に良い成分が含まれており、あまりにも摂取を避けていると栄養が偏ってしまいます。バランスの摂れた食事を心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加