健康

2016/05/23

O脚で脚が短く背が低い…矯正はできる?

O脚で脚が短く背が低い…矯正はできる?

O脚は生まれつきの場合もありますが、そのほとんどは生活習慣が原因だと言われています。姿勢が悪くなるため、身長が低くなったり、膝に負担をかけてしまう可能性も。O脚に悩む相談者に対し、専門家はどのようなアドバイスをしているでしょうか。

30代男性からの相談:「O脚は矯正で治る?」

小さい頃から畳の部屋で生活しており正座をする機会が多かったせいか、O脚で悩んでいます。気をつけの姿勢で立つと、前から見たときに膝同士が離れて向こう側が見えてしまいます。O脚のせいで人よりも足が短く、身長も平均的な男性より低いです。O脚は、矯正などにより治ったり改善するのでしょうか。どのような対策をとればよいか具体的に知りたいです。(30代・男性)

O脚の原因は骨盤の歪み。矯正で身長が伸びることも

O脚は座り方や歩き方などにより骨盤が歪むことが原因です。矯正すると、身長が数㎝伸びるとも言われます。

O脚になる原因は座り方や歩き方、立ち方によって骨盤が歪むことだと言われています。例えば、横座りや両足の間にお尻を落として座るぺちゃんこ座り、足を組む癖、同じ肩にカバンをかけたり、同じ方の手でばかり荷物を持つと骨盤が歪み、O脚になりやすくなります。O脚だと足が短く見えたり、身長が低いと感じられることがありますが、矯正しただけで身長が2~3cmは伸びるとも言われています。(医師)

矯正は、専門機関で適切な指導を受けて

整骨院などで骨盤矯正を受けたり、ストレッチやグッズを用いる方法があります。専門機関で適切な指導を受けましょう。

骨盤を矯正するには、ストレッチやエクササイズ、整骨院などでの矯正や、矯正グッズを使う方法があります。ストレッチはネットなどでも紹介されていますし、整骨院などで指導を受けてもよいでしょう。(医師)
O脚は骨盤矯正などで治すことができます。元来ある場所に戻すわけですから、多少の身長の伸びは期待できるかもしれません。ただし、素人判断で矯正して筋や腱を痛めてしまっては元も子もありません。姿勢を矯正するのであれば、整体などの機関で適切に受けられることをお勧めします。(看護師)

普段の生活で心がけること

普段の生活では、姿勢や重心のかけ方に気をつけましょう。重心を補正する靴のインソールの使用もオススメです。

普段の生活では同じ姿勢を続けないこと、座るときも立っている時も背筋を伸ばして、正しい姿勢をとることを心がけてください。荷物は両方の手で交互に持ち、立っている時に片側に重心をかけないようにしてください。すぐに矯正できるものではありませんが、気長に続けてください。(医師)
重心がずれてしまうのであれば、靴のインソールなどを補正用のものに変えるのも手です。しかし、補正用のインソールは新しい靴を購入するより値が張るケースもあるので、専門家に相談するのが一番です。(看護師)

O脚は座り方や歩き方などにより骨盤が歪むことが原因であり、矯正で身長が数㎝伸びると言われるそうです。骨盤矯正は専門機関で適切な指導を受けること、普段の生活では姿勢や重心のかけ方に気を付けていくとよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加