口臭

2016/05/22

ニンニクを食べた後の牛乳…ホントに口臭予防になる?

ニンニクを食べた後の牛乳…ホントに口臭予防になる?

ニンニク料理を食べたら牛乳を飲むとよいというのは本当でしょうか。今回の相談者は40代の男性です。子どもの頃からニンニクを食べたら牛乳を飲んできたものの、最近、効果が実感できなくなりました。そもそも科学的な根拠はあるのだろうかと疑問を持つようになった男性ですが、専門家からはどのような回答が寄せられたのでしょうか。

40代男性からの相談:「牛乳のニンニク臭の抑止効果について」

小さい時から風邪をひいた時に焼いたニンニクを食べたり、たっぷりとニンニクが入った餃子を食べた後は牛乳を飲めば次の日までに臭いが消えるといわれていましたが、歳を重ねるにつれ、その効果が薄れてきている気がします。牛乳を飲み、ヨーグルトを食べ、歯磨きをすぐにしていますが、そもそも本当に牛乳を飲めば、ニンニク臭としての口臭は治るものなのでしょうか。(40代・男性)

牛乳がニンニクの臭い成分を包み込む。食事中がより効果的

牛乳はニンニクの臭い成分を包み込む作用があるため、口臭予防の効果が期待できます。食後に飲むよりも、食前か食事中に飲むのがより効果的です。

確かにニンニクを食べた後に牛乳を飲むと口臭が抑えられるといわれていますが、これは牛乳がニンニクの臭い成分のアリシンを包み込んで消化するためで、にんにく以外の食材には効果がないようです。効果的な方法は、ニンニクが消化される前がよいといわれており、食前や食事中に飲むとよいようです。しかし食べたニンニクの量が多ければ、翌日まで口臭が残ることもあります。(医師)
ニンニクと牛乳の関係ですが、ニンニクを食べた後に牛乳を飲むのではなく、食べながら牛乳を飲むと効果があるようです。時間が経てば経つほど効果が薄くなるので、ニンニク料理を食べたときは時間も意識してください。食べる量も関係してくるのはいうまでもありません。(看護師)

低脂肪乳ではなく無調整のものを。生のリンゴも効果あり

低脂肪乳など成分調整されたものではなく、無調整のものを飲むようにしましょう。生のリンゴや緑茶にも口臭予防の効果があります。

年齢を重ねると消化機能が弱ってきますから、身体の中で消化しきれず、臭い成分が残っているのかもしれません。ニンニクの臭いが気になるのでしたら、無臭にんにくを食べるようにしてはいかがでしょうか。牛乳以外に、リンゴや緑茶にも口臭を抑える効果があります。(医師)
飲んだ牛乳が本当に牛乳なのかという点もポイントかもしれません。昨今は低脂肪乳や成分調整されたものが市販されていて、牛乳かと思ったら実は違ったというものも存在します。(看護師)
リンゴもニンニクの成分を中和してくれるので効果があると思います。食後のデザートに生のリンゴを食べてみてはいかがでしょうか。ポイントは「生で」です。ニンニクを中和する酵素は、生のリンゴの方が多く含まれているからです。ぜひ次回ニンニクを食べるときに実践してみてください。(看護師)

昔からの言い伝えにもちゃんと科学的根拠があるのですね。牛乳はニンニクを食べた後に飲むよりも、食前か食事中に飲む方が効果が期待できるようです。牛乳は成分無調整のものを選びましょう。生のリンゴや緑茶にも口臭予防の効果があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加