健康

2016/05/19

筋トレと並行してプロテインを飲んだら…?

筋トレと並行してプロテインを飲んだら…?

筋力をつけるために筋トレと並行してプロテインやサプリメントを摂っている方も多いと思います。しかし、これらの栄養補助食品は摂取の仕方に注意が必要。場合によっては効果を得られなかったり、逆効果になってしまったりすることもあるそうです。今回の相談者もプロテインの摂り方について相談を寄せています。

40代男性からの相談:「プロテインは逆効果になるか?」

今、私は165cmで70キロあります。昔、筋力が無いのでトレーニングジムに通っていましたが15分くらいでやめていました。それと同時進行でプロテインも飲んでいたところ、体重が増えだしました。もしかしたら、プロテインは飲み方によっては体重の増加の原因になるのでしょうか。また、どのくらいの運動に対してどのくらい飲むといいのでしょうか?目安のようなものがありましたらお教えいただけますでしょうか?(40代 男性)

プロテインの効果的な飲み方

スポーツやトレーニングの効果をより高めてくれる栄養補助食品、プロテイン。専門家はこのプロテインをいつ摂取するのがより効果的か説明するとともに、体重当たりの摂取量の目安を体重(kg)×2(単位:g)と紹介しています。しかし、これはかなりハードな運動をしている人が摂る量。相談者のケースではプロテイン摂取は必要なさそうです。

プロテインの飲み方は、運動後(30分~1時間以内)、就寝前、起床直後、運動前の順で効果的と言われています。飲む量は、体重が70㎏でしたら、一日に140gが目安で、体重の約2倍の数字(重さではありません。)と思っていいですが、これは強度な筋トレや激しい運動を行っている方が飲む量です。成人男性の一日に必要なタンパク質は約70gですから、運動を行っていないのでしたら、食べ物からのタンパク質でも充分でしょう。(医師)

勘違いしていませんか?プロテインの効果

昨今は色々な種類のサプリメントが販売されており、得られる効果も様々です。自分の目的に合ったものを選ばなければ、せっかくの努力も効果は半減してしまうかも…相談者の場合も、プロテインによって必要以上にタンパク質を摂取していたのではないかと専門家は推察しています。

プロテインは、ダイエット薬ではなく、タンパク質であり、栄養補助食品です。おっしゃるように、運動量が少ないのに飲み続けたり、摂りすぎると体重が増えます。さらに、ジュースに混ぜて飲むと、糖分も一緒に摂ってしまうことになります。激しい運動をした時の栄養補助と考えてください。(医師)

プロテインに限らず、栄養補助食品と名の付くものに過剰に頼るのは考え物です。でも「もっと筋肉をつけたい」「スリムになりたい」といった個々の目標を達成するための手助けにはなるはずです。身体に関する悩みは人それぞれかと思いますが、栄養補助食品の機能、効能を正しく知って、自分に合ったものを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加