薄毛

2016/05/10

気になりだした額の生え際…食生活での改善はどこまで有効?

気になりだした額の生え際…食生活での改善はどこまで有効?

加齢とともに抜け毛、薄毛が進行するのはある程度は仕方ないこと…しかし、誰しもそれをどうにかして食い止めたいと考えているはずです。その方法として食生活の改善が挙げられますが、食べ物を変えるだけで効果を実感できるものなのでしょうか。今回の相談者はその点に疑問を抱いているようです。

40代男性からの相談:「食生活を改善するだけで薄毛の対策になりますか。」

額の生え際が以前と比べて上がってきているように感じています。そのためそろそろ薄毛の対策をしていかなければと思っています。現在は食生活を気をつけるように心がけ、野菜や魚を多く食べて必要な栄養素をしっかり摂取しています。食事を改善することで頭皮や髪の毛にも栄養素が行き渡って、健康な髪の毛が生えてきてくれればいいなと思っています。しかし実際食生活を改善しただけで本当に薄毛対策になるのでしょうか。(40代 男性)

食生活を始めとする生活習慣には引き続き注意が必要

食事に気を使うことは毛髪にとって大切なことです。しかし、対策としてはそれだけでは不十分。ストレスや疲れ、睡眠不足など様々な要因が大敵であることも頭に入れておきましょう。

薄毛の原因は様々ですので、薄毛をひどくさせたくないのであれば今のまま食生活には気をつけたほうが良いですね。栄養なくして髪の毛は生えてきませんから。(看護師)
抜け毛の原因は、遺伝や体質、生活習慣、ストレス、年齢によるものなどがあります。食生活を整えることも大切ですが、不規則な生活やストレスがたまった状態では、効果がでにくくなります。なるべく規則的な生活で、睡眠を充分にとり、疲れやストレスをためないようにしてください。(医師)

知っていて損はない、頭皮を清潔に保つ方法

専門家は、直接頭皮に触れる洗髪にこそ薄毛防止のポイントがあると考えています。シャンプーの仕方ひとつで頭皮の状態が良くなり抜け毛が減るのなら、今日からでも実践したいですよね。根気よく続けることが何よりも大切です。

せっかく栄養がいきわたっても、頭皮が不潔な状態でしたら髪が育ちません。シャンプーは一日に1回、夜に行うようにし、シャンプーの前によくお湯で流してから、シャンプーを泡立てて、頭皮をマッサージするように洗ってください。後は充分すぎるほどすすいでから、リンスは髪だけにつけるようにしてください。ドライヤーでしっかり乾燥させることも大切です。頭皮にシャンプーや水分が残っていると、雑菌が繁殖し、抜け毛やふけ、かゆみの原因になります。すぐには効果がでないと思いますが、根気強く続けてください。(医師)

努力しても薄毛進行が止まらない…そんな時は

食生活をはじめ生活習慣を見直し、頭皮環境を整えるべく洗髪の仕方にも気を配っているのに、一向に効果が見られない、それどころか薄毛は進行するばかり…そのような場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性を視野に入れるべきでしょう。

ただし、現在進行中の薄毛がそれだけで改善されるかというと、話は別です。 額の生え際の後退というタイプの薄毛は「男性型脱毛症」の典型的なハゲ方です。 男性型脱毛症とは男性ホルモンのテストステロンが関連する薄毛なので、生活習慣を改善したところで薄毛は進行していきます。 男性型脱毛症に効果があると言われている成分は「フィナステリド」というもので、医学的にもその効果が証明されています。だからフィナステリドを含んだ薬の服用をオススメします。しかしその薬は薄毛の進行を止めるだけで発毛効果はありません。そこでミノキシジルなどの発毛育毛効果のある成分を併せることをオススメします。(看護師)

今やAGAについては研究開発が進み、薄毛を抑制したり発毛を促進するのは難しい事ではなくなってきました。毛髪を健康に保つための自己努力はもちろん大切ですが、ひとりで悩んで行き詰まってしまう前に、専門家の知識や薬の力を借りてみることもおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加