薄毛

2016/05/08

前頭部からじわじわ後退…AGA?遺伝?頭皮の状態を改善するには

前頭部からじわじわ後退…AGA?遺伝?頭皮の状態を改善するには

薄毛の原因は人それぞれですが、「何とか進行を食い止めたい」「頭皮の状態を少しでも良くしたい」と思うでしょう。今回の相談者は薄毛進行に加え、育毛剤などが肌に合わず抜け毛対策に困っているようです。

30代男性からの質問:「頭皮の状態改善と発毛について」

20代から不規則な仕事につき、身体にストレスを抱えたまま過ごしてきました。毎日洗髪する機会が少なくなり、頭皮の状態は良くなかったかもしれません。前頭部から後退していき寂しくなってきました。もともと、肌が弱い体質なので、育毛剤をつけると赤くなって炎症がでます。私によい発毛の処置はあるでしょうか?AGAか遺伝的な物なのか分かりませんが、お薬をのんで頭皮の血行を促し改善するようなお話も聞いたことがあります。(30代 男性)

食事、睡眠など生活習慣の見直しと気分転換を心掛けて

過度なストレスが頭皮の状態を悪化させ、抜け毛の原因になることがわかっています。仕事柄生活が不規則になるのは致し方のないことですが、ストレスを溜めないような生活を心掛けることは頭皮にとっても心身の健康にとっても大切なことです。加えて、相談者は洗髪も毎日は行っていないとのことですが、これも頭皮や毛髪にとっては良くないのでしょうか。また育毛剤で炎症を起こすほどの敏感肌に合った育毛法はあるのでしょうか。

気になるようでしたら、専門のクリニックで、ご自身にあった育毛法を実践されるといいと思います。おっしゃるように、育毛剤や育毛シャンプーには、界面活性剤やアルコールが含まれているものがあり、肌の弱い方や育毛剤が合わない方は、頭皮がダメージを受け、抜け毛を促進します。また、頭皮に汚れが付着したままですと、頭皮の状態が悪くなるだけでなく、毛根がつまりやすく、これも抜け毛の原因になります。お湯で流すだけでも髪の汚れはとれますから、忙しい時は流すだけでもかまいません。(医師)
私も看護師なので不規則ですからお気持ちお察しします。洗髪する機会が少なくなったということですが、せめて湯シャンくらいはしたほうが良いと思います。頭皮環境が良くなりますし、ニオイの予防にもなります。(看護師)
できるだけ規則的な生活を心がけ、睡眠はしっかりとるようにしてください。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、育毛を促進させます。髪の栄養となるタンパク質やミネラル、ビタミンを心がけて摂るようにし、アルコールやインスタント、脂っこいものは控えるようにしてください。また、好きなことや趣味などで気分転換し、ストレスをためないようにしてください。(医師)

止まらない薄毛進行はAGAの可能性あり。対処薬は病院での処方や通信販売でも

薄毛の原因で最も多いのはAGA(男性型脱毛症)だといわれています。頭皮を清潔に保つ、ストレスの少ない生活を心掛けるといった抜け毛対策を実践しても効果が見られず薄毛がどんどん進行してしまう場合は、AGAを疑うべきでしょう。

前頭部から髪の毛が後退していくのはAGA(男性型脱毛症)の可能性が最も高いです。男性型脱毛症の原因は男性ホルモンの影響なので洗髪どうこうや生活習慣の改善などでは薄毛の進行を抑制することはできません。 あなたにオススメしたい方法は「フィナステリド」という成分を含む飲み薬です。フィナステリドは男性型脱毛症の予防効果が医学的にも証明された成分なのです。1番良いのは病院での処方ですが通信販売でも入手できるようです。(看護師)

気になる場合は専門家へ相談を。早めの対処で高い効果を得られます

薄毛の悩みに関しては自分に合った対処法を自分で見つけるのは意外に難しく、合わない育毛剤を使用したり、誤った洗髪の仕方を続けたりした結果、却って頭皮の状態を悪化させてしまうこともしばしばです。「いろいろやってみたけど効果が出ない」「もしかしてAGA?」とお悩みの方は、専門家への早めの相談をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加