健康

2016/05/04

繰り返す顎ラインのニキビ…どうしたら防げる?

繰り返す顎ラインのニキビ…どうしたら防げる?

大人になってもできるニキビの悩みは男女問わず深刻です。特に顎のラインのニキビは目立つうえに繰り返されることが多く、本当に何とかしたいもの。今回の相談者もいろいろな方法を試みているものの、一向に効果が得られず困っているようです。

30代男性からの相談:「顔の顎のラインに頻繁に埋没毛が発生する」

元々乾燥肌でニキビ体質なので、30を超えてもいまだに顎のUラインによくニキビが出来ます。また、頻出するのが埋没毛で、丸く渦状に皮膚の中で伸びて、それがニキビになっていきます。通販商品や病院での処方薬など様々な薬や洗顔料を試したのですが、一向に埋没毛ニキビが収まりません。普通にニキビが出来る人と、埋没毛により化膿する人に何か違いは有るのでしょうか?また、日ごろの洗顔や保湿するうえで注意点はありますか?(30代 男性)

普通のニキビも埋没毛ニキビも原因は皮脂詰まりの炎症

相談者が特に悩まされている埋没毛によるニキビ。原因は普通のニキビと同じ皮脂詰まりによる炎症です。ということは、ケアも同様で大丈夫なのでしょうか。

体質的なニキビであれば、改善することはなかなか難しいものです。顎のUラインは比較的ニキビができやすい場所なので、悩みも深刻になりますよね。普通のニキビも埋没によるニキビもどちらも毛穴に皮脂などが詰まって炎症を起こしてできるので、原因は同じだといえるでしょう。(看護師)
埋没毛は、無理に抜くと皮膚を傷つけますから、毛が生えてくるまでは待つようにしてください。また、ニキビも同じように無理に潰さないようにしてください。(医師)

まずは正しい洗顔方法を実践しましょう

専門家は、洗顔方法や洗顔料の選び方に注意するように呼び掛けています。洗いすぎて皮脂を落としすぎたり、すすぎが足りなくて石鹸カスが皮膚に残ったりしないように気をつけたいものです。また、洗顔後の保湿にも気を配りましょう。

埋没毛が起こると、毛穴に雑菌が繁殖しやすく汚れもたまるので、毛嚢炎を起こしやすくなります。さらにニキビができやすい体質でしたら、洗顔料は殺菌作用のあるもの、ニキビ専用のものがいいでしょう。洗顔料をよく泡立ててから、泡で包むように洗い、石鹸カスが残らないようにしっかりすすぎ、洗顔の後はクリームなどで保湿してください。(医師)
洗顔で対応しているようですがあまり入念に洗顔をしすぎると、逆に皮脂が過剰に分泌されることがあります。皮脂は皮膚を保湿したり保護をするバリアのような機能を持っています。皮脂がキレイに落とされることにより、皮膚を保護しようとして皮脂をより多く分泌させます。皮脂が多すぎると毛穴の詰まりがひどくなりやすいので、皮脂を落としすぎないようにしましょう。(看護師)

食生活の乱れや睡眠不足も肌のトラブルを招きます。専門医に相談し、自分の肌に合った薬を処方してもらうのも良い方法でしょう。

脂っこいものや甘いものは控えること、ビタミンを多めに摂って、できるだけ規則的な生活で、夜の睡眠をとるようにしてください。(医師)
薬をつけるのでしたら、市販のものではなく、病院で処方されたものがいいですし、できれば定期的に皮膚科や専門のクリニックで、ニキビのケアを行うといいでしょう。(医師)

改善するべきは何なのか見極めよう

年齢に関係なく体質的にニキビができやすい人は、繰り返す皮膚トラブルに悩まされ、辛い思いをしていることでしょう。しかし専門家も指摘するように、洗顔の仕方や生活習慣を変えれば改善することも期待できるはずです。今のお手入れ方法が本当に正しいのか、嗜好品の摂り過ぎや睡眠不足など、あらためるべき生活習慣はないか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加