薄毛

2016/05/01

育毛剤は値段が高いほどより効果が得られる?!

育毛剤は値段が高いほどより効果が得られる?!

市販の育毛剤などで薄毛対策をしても、目に見える効果が得られないと感じることも多いかもしれません。相談者の男性は、高価な育毛剤を使えば育毛効果もより高くなるのか知りたがっていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

30代男性からの相談:「手頃な価格の育毛剤では効果を感じない」

元々おでこは広いほうでしたが、30代になってから生え際が後退してきています。手頃な価格の市販の薬用シャンプーと育毛剤を使い始めて半年が経過しましたが、目に見えて改善はしていないようです。やはり、値段の高い薬用シャンプーと育毛剤を使わなければ髪は生えてこないのでしょうか。それとも現在使用しているような手頃な価格のものでも、何年も使い続けていれば髪は生えてくるのでしょうか。(30代・男性)

育毛剤の選び方について

育毛剤は体質や肌のタイプによっても得られる効果が変わってくるため、値段の高さはあまり関係ないようです。 育毛剤やシャンプーの効果は個人差があり、値段が高い物がよいというわけではなく、自身の肌や髪質に合っているかが大切です。高価なシャンプーでも、体質に合わない場合かぶれたり、フケやかゆみ、抜け毛を促進させる場合もあります。(医師)
育毛剤にはアルコールや界面活性剤を含んでいるものが多く、逆に髪や頭皮にダメージを与える場合もあります。頭皮や髪に優しいものを考えるのでしたら、アミノ酸系や無添加、天然素材など、低刺激のものがよいでしょう。(医師)
おでこの生え際が後退する理由として最も多いのは男性型脱毛症ですが、これは進行型の抜け毛・薄毛で、放置しておけば改善しないどころかゆっくり進行していきます。この症状に効果的な成分はフィナステリドというもので、医学的にも男性型脱毛症の進行の抑制に効果的であることが証明されている唯一の成分です。フィナステリドを含むシャンプーは開発されていないはずですので、手段を変えるべきかもしれません。(看護師)
フィナステリド以外にも男性型脱毛症を抑制できる成分はありますが、私はお勧めしません。フィナステリドを含む薬は、副作用の報告もあるため基本的には病院を受診してもらうのがベストですが、個人輸入などの通信販売でも入手することができます。(看護師)

生活習慣の見直しも大事

育毛剤のみに頼らず、薄毛対策には規則正しい生活習慣や食生活も必要な要素です。

いくらよいシャンプーを使っても、生活が乱れていては効果がありません。できるだけ規則的な生活でしっかり睡眠をとり、食事はインスタントや脂分の多いもの、タンパク質、ビタミン、ミネラル中心のバランスのとれた食事を心がけてください。アルコールは控えましょう。(医師)

育毛剤は個人それぞれの症状や肌に合ったものを選ぶことが大事で、値段が高くても体質に合わなければ効果は得にくくなります。また育毛剤のみでなく、薄毛対策には生活習慣や食生活を見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加