髭・体毛

2016/04/28

何とかしたい!抜いても抜いても生えてくる髭…

何とかしたい!抜いても抜いても生えてくる髭…

男である以上髭が生えるのは仕方ない、でもできることなら簡単なお手入れでツルツルの肌を保ちたい…そう考える男性も少なくないはずです。今回の相談者も自身の濃い髭と日々格闘している一人。髭が薄くなったり生えてこないようにする方法はないものでしょうか。

30代男性からの相談:何度も生えてくる髭について

髭が濃いのが嫌いで高校生くらいから週に最低1回は髭を抜いています。社会人になっても日曜日には抜いて平日は朝に電気シェーバーで剃っています。3日目くらいまではシェーバーでも夜までは伸びませんが、4日、5日経つとだんだんシェーバーでも効果がなくなってきます。肌が荒れることもあり、あまりカミソリは使いたくないのですが抜き続けても髭は薄くなったり生えなくなったりしないのでしょうか。レーザー脱毛は良いと思いますが時間と費用が気になります。(30代 男性)

髭は抜いたら太くなる?それとも…

専門家は、今回の相談者の髭の伸び方についてはほぼ一般的という見解を示したうえで、「髭は抜き続けたら薄くなるのか」という疑問に答えています。しかし、どちらにしても「抜く」という方法は毛根を傷つけ炎症を起こしやすくなるため、肌のためには控えた方がよさそうです。

ヒゲの濃さは伸ばしたくない人にとってはとても厄介なものですよね。私は3日に1回位シェーバーで手入れをしていますが、歳を重ねるごとに少しずつ伸びる速さが加速していると感じます。お話を伺ったところ、あなたの場合はヒゲが誰よりも伸びやすい体質と言うようには考えられません。ほとんどの人は朝にヒゲを剃ったら夕方にはまた伸び始めている人が多いです。(看護師)
毛を抜いたり剃ると濃くなるか薄くなるかには、医学的根拠はないようです。一般的に、毛の根元は太くとがっていないため、剃ると毛の断面が見えやすく、濃く太く見えます。抜くことでも毛根が刺激され、皮膚を守るためにさらに太い毛が生える場合があることから、濃くなるという意見があります。逆に、抜いたことで毛根にある毛乳頭が傷つき、健康な体毛が生えず、細い毛になって薄くなる場合があります。毛抜きで脱毛すると毛根が傷つくほか、毛穴が開いた状態ですから、雑菌が侵入しやすく炎症を起こしたり、毛が途中で切れて埋没毛ができ、毛嚢炎を起こしやすくなります。(医師)

スタンダードなお手入れはシェーバーやカミソリで。

人によっては普段のお手入れでも肌が荒れてしまうものです。シェービングクリームやローション、保湿クリームなどを使用して肌をしっかりケアすることが大切です。

できれば抜くよりシェーバーで剃った方がいいでしょう。肌が弱いのでしたら、剃る時は髭剃り用のクリームを使用し、剃った後は丁寧に洗顔してから、アフターシェーブローションやクリームで保湿してください。(医師)
ヒゲを深剃りするにはシェーバーよりもカミソリタイプの方が剃れますが、確かに肌が荒れる事がありますね。もし、カミソリを使用した後に肌が荒れないように塗るような薬を使用したことがないのであれば、いちど検討されてみても良いかと思います。(看護師)

レーザー治療という選択肢もアリ?

最後に、レーザーによる脱毛という方法も紹介されています。ただし、費用がかなりかかるということ、効果が長続きしない場合もあることなどを踏まえ、相談者のケースではあまりおすすめではないようです。

サロンでの脱毛は、レーザーの種類やどの程度まで脱毛するか、脱毛する部分、期間によって時間も費用も異なりますが、1~2か月に1回の間隔で少なくても5~6回、半年~1年で、1回に数万円かかる場合もあります。(医師)
レーザー治療は確かにお金もかかりますし、治療をしたとしてもまたヒゲが生えてくるという話も聞いたことがあります。費用のことも気にされているようですので、毎日朝シェーバーを使って処理をすることが最も適しているかもしれません。(看護師)

人は誰かに会えば必ずその人の顔を見ますよね。髭が伸びかけのちょっとくたびれた顔も個性といえばそうですが、なるべくならばきれいに髭を剃りすっきりした顔で人には会いたいものです。面倒くさい気持ちもわかりますが、自分自身も清々しい気持ちでいるために、あなたの肌に合った方法で毎日のお手入れを抜かりなく行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加