薄毛

2016/04/23

毛が細い…抜け毛も気になる…薄く見える髪の毛を太くするには

毛が細い…抜け毛も気になる…薄く見える髪の毛を太くするには

男性なら年齢とともに気になってくる髪の毛のボリューム。今回は40代の男性からの相談です。父親が薄毛だったこともあり、これまで抜け毛予防に手を尽くしてきた相談者ですが、頭頂部の毛が細いので薄く見えると言います。この薄く見える状態を改善するために髪の毛を残しつつ太くするにどうしたら良いのでしょうか。

40代男性からの相談:「細い髪の毛を太くする方法について教えてほしい」

頭頂部の毛が細く、産毛のようで、全体的に禿げて見えます。父親が今の私くらいの年代のときに同じように禿げていたため、予想はしていましたし、人並み以上に抜け毛予防に気を配ってきましたが、残念ながら実を結ばなかったようです。半分諦めているものの、今からでもできることはあるのでしょうか。せめて今残っている頂部の細い毛をできるだけ太くして残したいです。よい方法はないでしょうか。(40代・男性)

髪の毛の栄養不足かも。血行促進を心がけて

薄毛の原因はさまざまです。目立った抜け毛がないのであれば髪の毛の栄養不足ではないかとの声がありました。

頭頂部の髪の毛は一本一本が細いだけで抜け毛が多いわけではないのですね。もし頭頂部の抜け毛が目立って薄くなっているのであれば男性型脱毛症だと思われますが、抜け毛はなさそうなので、おそらくは頭頂部の血液の流れが悪いことによる髪の毛の栄養不足ではないかと考えられます。(看護師)
頭皮の血行促進の方法は以下のとおりです。
①頭皮マッサージ
②カプサイシン・イソフラボンの摂取
③血流を促すビタミン類の摂取
(看護師)
抜け毛予防に気を使ってきたということですので、すでに試されたことかもしれませんが、血液の流れをよくすることだけを考えるのではなく、禁煙など、血流を悪くすることを控える視点も重要かもしれません。(看護師)

生活習慣や食生活の改善を。洗髪方法も見直して

日々の生活習慣も髪に大きな影響を与えます。規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけましょう。シャンプーの仕方も見直してみましょう。

薄毛には遺伝のほか、ストレスや生活習慣、食生活、頭皮のケア、ホルモンバランスなども関与しています。今ある髪の毛を残したいのであればなるべく規則的な生活で、脂っこいものやアルコールのとりすぎに注意してください。タバコも血流が悪くなり、頭皮の栄養状態を悪くします。できれば禁煙するか、控えるようにしましょう。(医師)
髪の毛はケラチンで作られています。食事は髪の栄養となるタンパク質や亜鉛、ビタミン、ミネラルを多めに摂るようにしてください。豆類、鶏肉、青魚、卵、ブロッコリーなどがタンパク質を多く含んでいます。亜鉛は特に太くしがちですがチーズ、煮干し、レバーなどが代表的に挙げられます。また睡眠を充分にとって、軽い運動などで気分転換し、ストレスをためないようにしてください。(医師)
髪を洗うときは、まず充分にお湯で洗い流してください。この時点で汚れはほとんど落ちます。アミノ酸シャンプーなどの頭皮に優しい低刺激のものを選び、よく泡立てて頭皮マッサージをして洗います。充分すぎるほどすすぎ、リンスやトリートメントは髪につけ、ドライヤーでよく乾燥させましょう。シャンプーや水分が残っていると、雑菌が繁殖しやすく、抜け毛の原因になります。ジェルなどの整髪剤はあまり多く使用しない方がよいでしょう。(医師)

目立った抜け毛がなく、毛の一本一本が細いのなら、髪の毛の栄養不足が考えられます。髪に栄養が行き届くよう、血行をよくすることが大切です。また、生活習慣や食生活、洗髪法の見直しも効果があります。できることはまだまだたくさんあるようですね。諦めず、できることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加