多汗症

2016/04/19

顔汗が止まらない!原因は自立神経の乱れ?

顔汗が止まらない!原因は自立神経の乱れ?

暑い夏場でも汗一つ見せず涼しい顔をしている人もいれば、周囲の人が暑くないときに一人だけ汗だくになっている人も。顔だけ異様に汗が出るという場合、いったいどんな原因が考えられるのでしょうか。

20代男性からの相談:「夏場の異常な顔汗について」

夏場の汗に悩んでいます。汗が出るのは顔だけなのですが、少し動いた後に椅子などに座ると一気に顔に汗がふき出る感じです。過去に消化器科系疾患で闘病経験があり、それ以後、自律神経が乱れているようでこの症状が出てきました。この異常な顔汗には、いったいどう対処すればよいのでしょうか。(20代・男性)

顔からだけ出る汗の原因

汗は多かれ少なかれ誰でもかいていますが、異常を感じるほど顔だけ汗がふき出してくるという相談者さん。部分的な大量の汗についての専門家の意見をうかがってみましょう。

顔だけ、手足だけなど、部分的に大量の汗をかく症状のことを局所多汗症といいます。原因は、緊張やストレスなどの心因性、体質や肥満、生活環境、過去の自律神経のバランスの乱れなどといわれています。(医師)
上半身だけ汗をかく場合、他の部分の汗腺が休止している場合があります。手足を温めたり、軽い運動で全身の血行をよくしてください。気になるようでしたら、手術で汗を抑えることも可能です。(医師)
腋の下の胴回りを強く圧迫すると、上半身の汗を抑えられるといわれています。タオルやサポーターなどで、胴回りを圧迫してみてください。(医師)

自律神経の乱れが考えられる場合

相談者さんが病歴から挙げている、自律神経の乱れが原因の場合もあるとのこと。どうすれば改善するのでしょうか。

自律神経の乱れで起きている症状であれば、自律神経を整えるために適度に運動を行い、規則正しい生活を心がけましょう。また、バランスのいい食事をとることや、心身ともに疲れを溜めないようにすることがとても大切です。(看護師)
自律神経のバランスを整えるために大切なのは、できるだけ規則的な生活をおくることです。適度に気分転換したり睡眠をとって、ストレスをためないようにしましょう。忙しくてもしっかりリラックスできる時間を作ってください。(医師)

規則的な生活やバランスのとれた食生活を心がけ、ストレスを溜めないこと。まずは、健康全般について不可欠なこの2点に注意してみましょう。改善しないのであれば、一度医療機関に相談して原因を特定しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加