多汗症

2016/04/13

人前に出ると緊張で顔から汗が…発汗を抑える方法はある?

人前に出ると緊張で顔から汗が…発汗を抑える方法はある?

人前に出ると緊張から汗をかくという人は少なくありません。今回の相談者もその一人です。普段は特に汗かきというわけでもないのに、人前に出たときだけ汗が止まらず、困っています。顔汗を抑える方法について専門家に聞いてみました。

20代男性からの相談:「緊張すると止まらなくなる顔汗について」

他人と一対一で話したり、大勢の人の前で話したりすると、おでこから鼻にかけてものすごく汗をかいてしまいます。自分でも汗をかいているのがわかり、緊張していることを自覚してしまうと余計に出てきます。多汗症というわけではなく、汗をかくのは人前に出たときだけです。何とかしてこの状態から脱したいのですが、何かよい方法はないでしょうか。薬や手術といった手段に頼らない方法はありますか。(20代・男性)

とてもよくわかります。偉い人を交えた会議なんかでも顔から手から体中まで汗をかいてしまいますよね。おそらく精神的な発汗だと思われますが、もしその場でできるような発汗を抑える方法があれば是非とも知りたいところです。それでは専門の分野の方に聞いてみましょう。

緊張から汗をかく緊張性発汗。認めることで改善も

あがり症や人見知りの人にありがちな緊張性発汗。自分なりの緊張緩和のおまじないを工夫すると同時に、そういうものだと認め、慣れることで軽減されることもあります。

緊張する場面では汗をかきやすくなりますし、気にすればするほど、汗がでてくると思います。緊張やストレスなどで汗をかく場合を精神性発汗といい、あがり症や人見知りの人に多いといわれます。緊張しないようにと思っても無理があるでしょうから、深呼吸して気持ちを落ち着かせたり、飴をなめるなど、自分なりの緊張をほぐすおまじないを工夫してください。(医師)
人前に出ると汗をかくからと、引きこもりにならず、逆にどんどん人前にでて、緊張する場面に慣れるという方法もあります。また、汗をかくのは悪いことではありませんから、いつものことだと開き直るくらいでもよいと思います。 (医師)
人前で話すときなど、緊張して汗をかくことがあります。多汗症でなければ、あがり症などの可能性が考えられます。人前に出てしゃべることがストレスとなり、汗をかいてしまうのです。汗をかくことにより、更に緊張状態となり、汗が止まらなくなってしまいます。(看護師)
対策としては、人前で話をすると緊張する自分を認めてあげましょう。自分と向き合うことで、ストレスも軽減され、神経のバランスが保たれるようになります。緊張が多少ゆるめば汗の量も減ってくると思います。(看護師)

手には汗を抑えるツボが。胴回りを圧迫する半側発汗も

手には汗を抑えるツボがあるようです。また胴回りを圧迫することで顔汗を抑える半側発汗がよいとの声もありました。

手をグーにしたとき、小指の付け根の下の一番飛び出た部分や、手のひらを上にしたとき、小指側の手首の付け根2cmくらいの部分に汗を抑えるツボがあります。即効性があるかはわかりませんが、緊張する場面で試しに押してみてください。(医師)
半側発汗の皮膚圧反射を利用して身体を圧迫する方法もあります。胸の肋骨部を手で押さえて圧迫するようにすると顔の汗が軽減されます。手で押さえる方法は一時的なものなので、長時間効果を得たいのなら、細い帯のようなもので圧迫するとよいでしょう。(看護師)

緊張から来る汗は緊張緩和によって軽減できます。緊張をほぐす自分なりの方法や、ある種の開き直りも役に立つようですね。手のツボや、胴回りを圧迫する半側発汗も効果的です。できることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加