ED

2014/10/17

年齢とともに性欲の減退が…今後も進行する場合は診察が必要ですか?

年齢とともに性欲の減退が…今後も進行する場合は診察が必要ですか?

若かりし頃の自身の元気さと比べ、年々体力低下を感じてしまう。それは、性の部分でも同じです。性欲の衰えに比例するかのように勃起力もなくなってきてしまいます。今回は性欲の減退が続くのであれば何か手を打つべきなのか悩んでいる男性からの相談です。

30代男性からの相談:「男性特有の悩みについて」

男性特有の悩みといえば、まず思いつくのが勃起障害(ED)ではないでしょうか、私もここ数年は何となく性欲が衰えてきたように感じます。10代の頃は1日に何回でもできたものが、最近では1回くらいで「もういいや」となります。この状態がもし進行するようでしたら医師に受診したほうが良いのでしょうか?そこまで行かなくとも、何か市販のサプリメントなどで効果が期待できるものはあるでしょうか?

パニック障害の可能性もあるため、必要に応じて専門家への相談も。

性欲はテストステロンというホルモンに左右されるようです。テストステロンの分泌量を増加させるためには、規則正しい生活と運動、食生活が重要です。

男性の性欲は睾丸で作られるテストステロンというホルモンの分泌によって左右されます。10~20歳代ピークを迎え30代から徐々に減少していきます。ですので、性欲が落ちたと感じられるのは自然なことです。テストステロンを補うサプリメントも販売されていますが、その前にまず次のことを試してみて下さい。
1.十分な睡眠を確保する:睡眠が足りないとテストステロンの分泌が減ります。
2.たんぱく質を積極的に取る:たんぱく質はテストステロンを作るために必要です。肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品などに多く含まれます。
3.運動:筋肉を使うとテストステロンの分泌が増えます。
4.ストレスを減らす:ストレスが多いとテストステロンの分泌が減少します。
以上のことを試してみても、体力減退や精神力の衰え(何もやる気にならない、集中できない)などがある場合は男性用のホルモン外来を受診するのも良いかもしれません。ホルモンレベルの検査を受けることで数値としてテストステロンが確認でき、何らかの対処が必要なのか相談できます。(看護師)

亜鉛とビタミンCが食生活における肝。

食生活において重要なのは、亜鉛と亜鉛の吸収を促進するビタミンCの摂取です。

食材については、亜鉛を多く含むもの(牡蠣やレバー、牛肉やたまご、チーズなど)がお勧めです。ビタミンCと一緒に摂取すると亜鉛の吸収率がアップするようです。補助的に亜鉛やビタミンCのサプリメントを摂取するのも良いかと思いますので、こちらも参考になさってみてください。(看護師)

年齢を重ね、かつての自分の影と比較してしまうと、どうしても性欲の減退を感じざるを得ない年齢が必ず男性にはやってきます。その際は、まずは自身の生活を見直すことから始めることが重要です。何事にも、規則正しい生活、食生活、運動が大切です。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加