ED

2016/04/12

晩酌後に起きる中折れ…どうしたら防げる?

晩酌後に起きる中折れ…どうしたら防げる?

夫婦で楽しむ晩酌は乙なものです。今回は、夕食後の晩酌が日課だという30代の男性からの相談です。お酒でよい気分になって、そのまま夜の行為に臨もうとするものの、中折れしてしまうことが多いと悩んでいます。アルコールの影響なのでしょうか。晩酌のよい雰囲気のまま、行為を楽しむ方法はないものでしょうか。

30代男性からの相談:「中折れとアルコールの関係について」

毎日夕飯時に晩酌をします。けっこうな量を飲み、妻と夜の行為に臨む時、勃起力不足や中折れをする時がありますが、やはりお酒の影響でしょうか。飲んだ時の方が気持ちが高ぶり、意欲が増すのですが、下半身が言う事をききません。お酒をやめるのも難しく、何かよい方法はないでしょうか。朝立ちはするものの、妻のやる気がなく、噛み合いません。身体の負担が少なく、効果的なサプリメントや薬を教えてください。(30代・男性)

過度の飲酒は中折れの原因に。ほろ酔い程度で留めて

適度な飲酒はリラックスでき、プラスの効果をもたらしますが、飲みすぎると勃起力の低下を招きます。適量を心がけましょう。

アルコールをどれだけ摂るかにもよりますが、アルコールによる影響も少なからずあると思います。適量であればよいですが、飲みすぎることでアルコールを解毒しようと身体が働くため、持続力や勃起力の低下を招いている可能性は否定できません。(看護師)
お酒を飲む頻度や量を減らしてみてはいかがでしょうか。アルコールによって肝障害などを起こすおそれもありますし、夫婦生活に支障があるのであればなおさらです。その上でバランスのとれた食生活を心がけていくと改善が見込めるかもしれません。(看護師)
適度な飲酒でしたら、血流がよくなり、緊張をほぐし、興奮しやすく、精力的に性行為に挑めると思いますが、過度な飲酒は、脳から神経への伝達が悪くなるので、勃起に時間がかかったり、中折れしやすくなったりする場合があります。EDの治療をしていても、全く飲めないわけではありませんから、ほろ酔い程度、少し控えるようにしてください。(看護師)

精力剤は医師が処方したものを。食生活も見直して

いろいろな精力剤がありますが、中には医師の指示が必要なものもあります。できれば病院で処方されたものを服用するのがよいようです。食生活も見直してみましょう。

最近は、薬局でもネットでも、いろいろな精力剤が市販されていますが、精力剤の中には、高血圧など血管疾患があると服用できないものや、医師の指示で服用しなければならないものもあります。また、効果には個人差がありますし、偽造品も出回っていますから、できれば専門のクリニックで、医師の処方で服用された方がよいでしょう。(看護師)
食事やサプリメントでは亜鉛やマカなどを含むものを摂取してみてください。納豆や牡蠣、レバーなどは効果が見込めるようです。ミネラルを摂取するためにも、野菜や海藻類、きのこなども摂るようにしてください。 (看護師)

晩酌のお酒はほどほどにしておくほうがよいようですね。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。健康のことも考えて、飲み過ぎに注意しましょう。精力剤はできれば病院で処方されたものを服用するのが安心です。食生活も見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加