健康

2016/04/06

すっかり持病になってしまった腰痛。よい改善策は?

すっかり持病になってしまった腰痛。よい改善策は?

何の前触れもなくやってくるぎっくり腰。一度ぎっくり腰になってしまうと、それから先もずっと腰痛を抱えたままの人も珍しくないようです。慢性化してしまった腰痛を緩和する方法はあるのか、日常生活の改善で腰痛を軽減することはできるのでしょうか。

30代男性からの相談:「ぎっくり腰がきっかけで腰痛持ちに。症状を改善する方法はある?」

大学生まで野球をしていましたが20才の時にぎっくり腰になって以来、頻繁に腰痛が発症したり椎間板ヘルニアを患ったりと、腰痛が持病のようになっています。仕事はデスクワーク中心ですが、稀に現場作業で重たい物を持ったりもします。入浴後にストレッチもしていますが、気温の低い日や起床時に少しでも違和感がある時は高い確率でぎっくり腰になります。症状改善におすすめの運動やストレッチなどはあるのでしょうか。(30代・男性)

ストレッチは身体に負担にならないものを

腰痛予防にストレッチは有効ですが、自身に合った体操を行うようにしましょう。また日常生活においても、腰痛を予防するための注意点がいくつかあるようです。

ストレッチを行っているのはよいことです。できれば病院で腰痛体操の指導を受けた方がよいですが、最近はネットでも多くの腰痛体操が紹介されているので、長く続けられるもので身体への負担が少ないものを行うようにしてください。(医師)
ぎっくり腰を予防するには長時間同じ姿勢をとらない、重い物を持ったり中腰など腰に負担をかけるようなことはしない、腰を冷やさない、足を組まない、同じ方の肩にばかりバッグをかけたり片方の手でばかり荷物を持たないなどがあります。(医師)
就寝時は腰に負担をかけない楽な姿勢で、寝ている間に腰が冷えないよう、電気毛布や布団乾燥機などで寝具を温めて寝るようにしてください。またサポーターやコルセットで腰を固定したり、整骨院などで定期的に腰椎の歪みを矯正してもらうのもよいでしょう。デスクワークが中心でしたら、猫背にならないよう正しい姿勢を心がけ、時々は背伸びしたり腰を回すなどの軽い体操を行ってください。(医師)

腰痛の原因は様々!

一言に腰痛といっても、その原因は様々です。筋肉の疲労や血行不良、また骨に異常がある場合もあるので、一度きちんと病院で診てもらった方がよいかもしれません。

腰痛は日本人の抱える悩みの中では多い方ですが、その原因は1つの場合もあれば複数の場合もあります。一般的にぎっくり腰と呼ばれるものにはいくつかあり、腰部椎間板ヘルニアの他にも、椎間板の断裂や椎間板症や圧迫骨折などがあり、それらを総称してぎっくり腰といいます。腰痛自体は、寒冷刺激によって血液循環が悪くなった際に筋肉への血液供給が十分になされず、痛みとして感じるケースもあります。(看護師)
重い物を持つ時など、大きな筋肉を使わずに持ち上げると腰痛が起こる原因になります。筋肉トレーニングも予防にはなりますが、一度医療機関を受診して、画像検査などで異常がないか診てもらうとよいかもしれません。(看護師)

腰痛が慢性化すると生活に支障が出ることもあるので、早めに対策をした方がよいでしょう。自身に合ったストレッチをすればよいのですが、まずは腰痛の原因を探るため、一度病院の受診を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加