ED

2016/04/05

前立腺肥大の手術をしてから尿の切れが悪い…どうすべき?

前立腺肥大の手術をしてから尿の切れが悪い…どうすべき?

年とともに気になってくる尿漏れ。今回は60代の男性からの相談です。前立腺肥大の手術を受けてから尿の切れがあまりよくないといいます。出し切ったことを確認したはずなのに漏れてしまうことも。いったいどうすればよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

60代男性からの相談:「前立腺肥大の手術後の排尿の問題について」

3年前に前立腺肥大と尿閉で手術を受けました。直後は後遺症で尿漏れがありましたが、その後なくなりました。しかし、排尿時にいきんだ後にも尿が残っており、わずかな量ですが、チャックを閉めた後にパンツが濡れているのに気づきます。もうこれ以上出ないと確認しても漏れるので、排尿後、かなり長い間出切ったか確認しなければならず、トイレに時間がかかります。高齢なら仕方ないのでしょうか。(60代・男性)

身体を冷やさず、座って排尿するのがベター。運動も効果的

50歳以上の男性の多くが悩んでいる尿漏れですが、排尿時や普段の生活習慣で改善できることもあります。

尿漏れの原因が術後の後遺症か、年齢によるものかわかりませんが、50歳以上の男性の3人に1人は経験があるといわれるほど、多くの人が尿漏れに悩まされています。対策としては、排尿後ペニスを絞るようにして尿を出し切ってしまうことです。立ったままより、座って排尿した方が出しやすいかもしれません。他にも身体を冷やさないようにし、長時間同じ姿勢を続けない、骨盤底筋を鍛える体操などがあります。(看護師)
軽いジョギングやスクワットなどで、下半身を鍛えるようにしてください。排尿の途中で、あえていったん尿をとめる訓練もあります。立っている時や座っている時も、肛門をきゅっと引き締めることを心がけてください。また下着やズボンで下半身を締めつけないようにしてください。頻回に尿漏れがあったり、残尿感があるようでしたら病院を受診してください。(看護師)

前立腺肥大再発の可能性も。手術をした病院で相談を

症状が手術前と同じようなら前立腺肥大が再発した可能性も考えられます。軽ければ薬だけで改善することもありますから、できるだけ早めに病院を受診しましょう。

尿閉は起こっていないようですので、前回のときとは症状の違いはあると思いますが、現在悩まれている症状は手術前と比べるといかがでしょうか。同じような症状はなかったでしょうか。もしかしたら前立腺肥大症の再発かもしれません。手術をする前や手術後に医師から説明を受けているとは思いますが、前立腺肥大症は手術を受けても、再発をしてしまう可能性があります。 (看護師)
軽度の状態であれば内服だけで改善することもできるので、できるだけ早めに手術をした病院に見てもらいましょう。(看護師)

多くの男性を悩ませる尿漏れですが、排尿時の工夫などで改善できることもあるようです。また、前立腺肥大が再発した可能性も考えられます。早期発見、早期治療のためにもできるだけ早めに病院を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加