ED

2016/04/07

妻に告白できない…激務と家庭の板ばさみでEDに

妻に告白できない…激務と家庭の板ばさみでEDに

日々のストレスはEDの原因にもなります。今回の相談者は20代の男性。仕事と家庭のストレスからEDになったものの、妻に伝えられずに悩んでいます。EDになった場合、どうすればよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

20代男性からの相談:「EDの悩みを妻に告白すべきか」

妻にEDを告白しようか悩んでいます。病院にはかかっていませんが、多忙な業務と出産後のストレスを抱えた妻との板挟み状態が原因ではないかと思います。子どもも生まれ、戸建ての一軒家購入も検討中で、これからの生活費や教育費、ローンなどの心配もあります。もうすぐ産後6カ月で夫婦生活の再開も考えなければならない中、余計な心配をかけてしまうことが気になり、妻に言えずにいます。どうしたらよいでしょうか。(20代・男性)

こういう時こそ助け合って。打ち明けないことが妻を傷つけることも

EDの治療にはパートナーの協力が必要です。内緒にしているとあらぬ疑いを招くばかりか、頼りにされないことでかえって奥さんが胸を痛めるのでは、との指摘もありました。

EDではと思うなら、まずは奥様に打ち明けるべきだと思います。今は産後だからと思っているでしょうが、セックスレスの状態が続くと、奥様は不安になったり、よからぬ疑いをかけたり、気持ちが離れてしまうこともあります。また、治療する上で奥様の協力も必要です。夫婦ですから悩みを共有してもいいと思います。一人で悩んで打ち明けてくれないほうが、奥様は心が痛むと思います。(看護師)
ストレスが原因だとお考えでしたら、軽い運動をしたり、好きな趣味などで気分転換するようにしてください。小さいお子さんがいて大変と思いますが、短時間でもリラックスできる時間を作ってください。一番の解決策は、奥様に全てを打ち明け、今後のことをお互いに協力して行なう見通しをたてることだと思います。(看護師)
住宅ローンなどを組むにあたり、収入に見合ったものかどうかフィナンシャルプランナーに相談されたりするのもよいと思います。住宅ローンは収入の20%に留めておく必要がありますし、それを越えてしまうようなら、負担が大きいと思われます。(看護師)

血液循環の悪化も原因に。生活習慣や食生活を見直して

食生活の乱れや喫煙、運動不足は血液循環を悪くし、EDの原因になります。生活習慣も見直してみましょう。

ストレスが原因になることは確かにありますが、アダルトビデオなどの映像でも性的興奮が起こらないのでしょうか。また、現在の食生活や運動習慣、喫煙などはいかがですか。食生活の乱れや喫煙習慣があると、若い頃に比べて血液循環が悪くなるため、勃起しにくい、あるいは持続しにくいなどの原因になっているかもしれません。(看護師)
運動習慣もある人に比べると、ない人のほうがやはり血液循環などに影響するので、ストレス以外の部分でも原因があるかもしれません。生活習慣で正せる部分を正してみてはいかがでしょうか。夫婦生活がないことは離婚の原因にも十分なりえる事案ですので、医療機関を受診することを考慮してもよいと思いますよ。(看護師)

EDの治療にはパートナーの協力が必要です。思い切って打ち明けて、2人で乗り切っていきましょう。食生活の乱れや運動不足もEDの原因となることがあります。リラックスを心がけ、生活習慣も見直しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加