体臭

2014/10/15

汗をかいた時の体臭が気になる……改善方法は?

汗をかいた時の体臭が気になる……改善方法は?

汗をかいた時に気になるのが体臭。最近ではスメル・ハラスメント、略してスメハラといわれ、不快な臭いが話題となることも少なくありません。今回は友人から汗の臭いを指摘されたという方からの質問です。不快な体臭を改善する方法はないのでしょうか?

30代男性からの相談:「汗の不快な臭いについて」

「わきが」の臭いではないようなのですが、汗の臭いが不快な臭いということを先日、友人から聞かされてショックでした。私が太り気味の体型だからなのか、はたまた体質なのかわかりませんが、それからというもの、体臭が気になっています。ちなみに今現在、香水を使ったりはしていません。非常に抵抗があります。汗の臭いそのものは改善することはできるのでしょうか?

時間がたつと汗が臭いの原因に。すぐにふき取り、食べ物や生活習慣にも気をつけて。

汗はほうっておくと臭いの原因となるようです。こまめにふき取ったり、可能ならば服を着替えた方がいいとの声があがりました。また、動物性脂肪を含む商品を避けるなど、食生活に気をつけることもおすすめです。

汗はかいて時間がたつと臭いの原因となります。汗をかいたらすぐにふきとり、デオドラントシートも使うといいでしょう。できれば汗のついた服は着替えるといいです。汗をかかないようにするのではなく、水分をとって汗をかき、汗の質をよくしてください。入浴時は湯船につかって汗をかくといいでしょう。(看護師)
疲れやストレス、生活習慣、食生活も体臭に関係します。肉や動物性脂肪を含む食品を避け、生野菜や果物、キノコ類、乳酸菌を含む食品を食べて、胃、腸内環境を整えてください。緑茶や紅茶にも消臭効果があると言われています。香水を使うと、汗の臭いと混ざって逆効果ですので、使用しないほうがいいでしょう。(看護師)
臭い対策にはいろいろ方法があります。食べ物や生活習慣が臭いの元になっていることもありますので、改善は絶対に必要ですね。また消臭用の石鹸やサプリメントも売られていますから、これも試してみてはいかがでしょうか?皮脂の酸化(臭いの元)を防ぐためのボディソープを処方してくれる病院もあります。生活改善と消臭グッズでより快適に過ごせるようになると思います。ご参考になれば幸いです。(看護師)

日常生活の中で汗をかくことは止められませんが、かいてすぐ体臭になるわけではなく、こまめなふき取りや着替えなどで対応できるようです。また、意外とおろそかになりがちなのが食生活や生活習慣。胃や腸内環境を整え、身体の中から体臭予防を目指しましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加