健康

2016/04/04

大人になってからでも、アレルギー体質は改善できる?

大人になってからでも、アレルギー体質は改善できる?

子どもの食物アレルギーなどは、年齢とともに改善されることが多いようですが、大人になってからも何らかのアレルギーがある人は多くいます。症状の程度は人それぞれですが、大人のアレルギー体質は改善可能なのでしょうか。

40代男性からの相談:「喉の痒みや下痢症状も。食物アレルギーを改善したい」

アレルギー反応が出る食品が多くて不自由しており、例えばメロンやパイナップルなどを食べると、喉が痒くなったり口の中の粘膜から微量に出血し、またそばを食べると消化不良や下痢を起こします。症状としてはあまり重くないので、この件で病院に行ったことはないのですが、先日見たテレビ番組でアレルギー体質は治る可能性があると知りました。どのような治療方法があるのか教えてください。(40代・男性)

経口免疫療法や、アレルギーの原因細胞に効く薬も

食物アレルギーの場合、アレルゲンとなっているものを少量ずつ摂取していく経口免疫療法などがあると、医師や看護師さんは説明しています。

食物アレルギーなら負荷試験を行ってアレルゲンを特定し、一定期間完全にアレルゲンを除去した後、医師の指示で少しずつ経口摂取していく免疫療法があります。まずはアレルギー検査を受け、自身の症状にあった治療法を相談してください。(医師)
治療には、アレルゲンとなる食品を少量ずつ摂取しながら免疫を得るという経口免疫療法などがありますが、重篤な副作用が起こる可能性もあるため、アレルギー専門医に従い相談するのがよいでしょう。(看護師)
子どものアレルギーは年齢が上がると改善する傾向にありますが、大人の場合は突然発症して治りにくいという特徴があります。しかし、アレルギー体質でも日々の努力により改善する可能性はありますし、またアレルギーの原因となる細胞を減らす薬も開発されています。(看護師)

アレルギーを起こしにくい身体作り

体質を改善して、アレルギーを起こしにくい身体にしていくことが大切です。ストレスや睡眠不足など日ごろの生活習慣が大きく影響しますし、毎日口にする食事も重要だとアドバイスいただきました。

アレルギーを治すというより、体質を改善することでアレルギーを起こしにくい身体を作るということです。体質改善には乳酸菌やミネラルを含んだ水、抗アレルギー作用のあるお茶や漢方薬を服用する、他にも生活習慣の見直しや生活環境を整えるなどがあります。(医師)
ストレスは免疫力が低下するので、できるだけ睡眠や休息を取るようにしましょう。花粉症に罹っている、便秘気味、ストレスがある、甘い物を多く摂取するなど、また同じ食べ物を食べる習慣のある人は、食物アレルギーにかかる確率が高くなります。特に、果物や乳製品など毎日同じ食品を食べていると、アレルギーの原因になります。(看護師)
生のメロンやパイナップルやキウイなどにはたんぱく質分解酵素が含まれており、口や喉の粘膜のたんぱく質を分解するため、アレルギー体質でない方も同じような症状が出る場合があります。(医師)

生活習慣を整えることで体質が改善されると、アレルギーを起こしにくい身体になってくるとアドバイスいただきました。まずはアレルゲンの特定のため、病院を受診してみるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加