健康

2016/04/02

まさかギックリ腰?重いものをもった瞬間に激痛が

まさかギックリ腰?重いものをもった瞬間に激痛が

ちょっとした動作がきっかけで腰に激痛が走るようになってしまった…。その一瞬を後悔してもどうにもなりません。そんな腰痛のつらさ、いったいどうすれば解消できるのでしょうか。

40代男性からの相談:「腰痛を治す方法」

重いものを持ったとき腰をひねってしまい、激痛が走って立てなくなってしまいました。自宅で安静にしていても治る気配がありません。立ち上がるときや座るときに腰が痛み、とても不便な生活を送っています。仕事や日常生活にも支障が出ているので一刻も早く治したいのですが、なにかよい方法はないでしょうか。(40代・男性)

その症状、ギックリ腰かも?

ある動作がきっかけで、腰に激痛が走るようになった…。まずは、質問の内容と症状から、ギックリ腰ではないかと疑う専門家の意見を聞いてみましょう。

これまで腰を痛めたことがなく、重いものを無理やり持ったことで腰を痛めてしまったということならば、おそらくはギックリ腰というものでしょう。ギックリ腰とは腰の筋肉の負荷が蓄積されて限界を突破してダメージを受け、炎症を起こしている状態です。(看護師)
ギックリ腰を自宅で早く治すにはできるだけ安静にすることです。全く動かないというわけにもいかないと思いますが、できるだけ痛みが出るような姿勢をとらないことです。(看護師)

病院を受診して原因解明を

とはいっても、質問の内容だけでギックリ腰とは断定できない様子。痛みが続いていて日常生活にも支障をきたしているという質問者さんには、病院を受診するように促す声があがっています。

痛みを自覚してから時間が経っていますし、日常生活にも支障をきたしているようなので整形外科の受診を検討してください。原因がわかれば対処方法も挙げることができますが、原因が分からないことに対し安易にアドバイスをして悪化しないように未然に防ぐ必要があります。(看護師)
医療機関を受診すれば、どういうメカニズムでその症状が起きているのかわかりますし、原因がわかれば対処もスムーズにいくと思います。放置することで後遺症などが残る場合もあるので、まずは医療機関の受診が最善の策かと思います。 (看護師)
無理をするのは痛みを長引かせるだけです。痛みが強いようなら、病院を受診してステロイド剤の注射などを受けるという方法もあります。(看護師)

日常的な動作で痛みが走り、不便な生活を続けているという質問者さん。まずは、病院を受診して原因をつきとめ、症状に合った治療方法を受けてみるのが一番のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加