健康

2016/03/29

繰り返す鼻血、レーザー治療以外に解決法はある?

繰り返す鼻血、レーザー治療以外に解決法はある?

鼻をぶつけたり打ったりしたときに起こりやすい鼻の出血。誰にでも起こり得る現象ですが、少しの刺激で出血しやすい人もいます。治療としては鼻粘膜にレーザー照射を行う方法が一般的ですが、他にも効果的な対処法はあるでしょうか。

40代男性からの相談:「鼻血の根本的な解決法は?」

アレルギー性鼻炎と蓄膿症があるせいか、鼻の内側の特定箇所からよく出血します。かかりつけの耳鼻咽喉科の医師によると、その箇所の血管が太くなって出血しやすくなっているそうです。鼻血がひどくなると血管をレーザーで焼いてもらい、この処置を受けると鼻血は出づらくなるのですが、効果は2年か3年です。この処置をもう4、5回繰り返しているので、そろそろ煩わしくなってきました。何か根本的な解決方法はないでしょうか。(40代・男性)

鼻血が出る理由と鼻水・鼻血のケアについて

鼻の奥に静脈が集まっているため、強く鼻をかむと出血しやすくなります。鼻のかみ方、鼻血が出たときの対処法に気をつけましょう。

鼻の奥にはキーセルバッハとよばれる部位があり、出血の原因になると言われています。複数の静脈系の血管が集まっている部位で、鼻をかむなどの圧がかかると簡単に出血してしまいます。鼻炎があるとどうしても鼻をかむ頻度は多いでしょう。思いっきりかみたくなるかもしれませんが、鼻血の原因になりますので鼻は強くかみすぎないようにしてください。(看護師)
鼻をかむときは手前に出てきた鼻水を拭きとるようにしてください。鼻を頻回に触ったり、奥の方まで掃除するのは控えてください。鼻血が出たときは、眉間の少し下の部分を強めに圧迫し、下を向いて、喉の奥に流れ込む鼻血を飲み込まないようにしてください。ティッシュを詰め込むと、血液が固まる際にティッシュに付着し、ティッシュを抜く際に剥がしてしまうため再び出血することがあります。(看護師)

生活習慣や食生活を見直すこともポイント

鼻血を繰り返すようなら、鼻の粘膜を強めたり免疫力を高める食事内容を心がけ、刺激物を避けましょう。喫煙やアルコール、睡眠・運動・休養などの生活習慣も見直すことがポイントです。

鼻血を繰り返すようなら、生活習慣や食事も見直した方がよいかもしれません。鼻の粘膜を強くするため、ビタミン類を多めにとり、チョコレートなどの甘いもの・カフェインを含むもの・アルコールは控えましょう。大人の鼻血にはストレスも関与していると言われているので、睡眠をしっかりとり、運動や趣味などで気分転換し、リラックスできる時間を作ってください。また、部屋にホコリをためないようにし、加湿を心がけましょう。(看護師)
もしタバコを吸うなら、蓄膿症等にもよくないですので禁煙するようにしてください。アレルギー体質もあるでしょうが、免疫を高めるためにも、発酵食品などの乳製品を摂るようにしてください。そして、発酵食品を摂る際には大根や蓮根、牛蒡などの食物繊維を摂るとより効果的です。(看護師)

強く鼻をかむと出血しやすくなりますのでかみ方に気を付けること、もし鼻血が出たときは適切な処置をするとよいようです。また、鼻血を繰り返すようなら、食事内容をはじめ、喫煙・アルコール・睡眠・運動・休養などの生活習慣を見直すこともポイントだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加