ED

2016/03/27

喉が渇いて水を飲んでは頻尿に。我慢できないことも…改善策は?

喉が渇いて水を飲んでは頻尿に。我慢できないことも…改善策は?

水を大量に飲めばトイレに行きたくなるのは自然なことです。しかしあまりに頻繁だと、異常ではないかと心配になります。今回は50代の男性からの相談です。すぐに喉が渇いては、そのたびに水を飲むことが多く、1日15回ほどトイレに行くことがあるといいます。すぐに尿意を催し、我慢ができずに漏らしてしまうことも。いったい何が原因なのでしょうか。

50代男性からの相談:「喉の渇きと頻尿について」

1日に最低10回、多いときは15回くらいトイレに行きます。喉がすぐに渇くので常に白湯を飲んでおり、飲めば当然、トイレに行きたくなるので回数はそれほど気にしていないのですが、時々我慢できないことがあります。しばらく我慢していると、急速に尿意が高まり、膀胱がぱんぱんになって出そうになります。必死で我慢しますが漏らすこともしばしばです。時間が短すぎるのは異常でしょうか。(50代・男性)

すぐにのどが渇くのは病気が原因かも。病院で検査を

頻繁に喉が渇くのは病気が原因の可能性があります。できるだけ早めに病院を受診しましょう。

喉が渇いて大量の水を飲めば、確かに頻尿になりますが、運動後や辛い物を食べた後など、はっきりした原因がないのに喉が渇くことは問題です。常に口渇がある場合、糖尿病、自律神経失調症や免疫疾患の可能性があります。1日に15回以上の頻尿でしたら、前立腺肥大症などの生殖器の疾患、膀胱炎など膀胱疾患の可能性もあります。まずは内科か泌尿器科で検査を受けてください。(看護師)
喉が乾きやすいというのは、何かしら病気が隠れている可能性があります。甲状腺機能亢進症や糖尿病などでは喉が渇きやすくなります。そのような心当たりがあるのであれば、できるだけ早めに検査など受けたほうがよいでしょう。(看護師)

頻尿で膀胱の容量が小さくなることも。間隔を開けてみて

頻尿が習慣化すると膀胱の容量が小さくなることがあります。少しずつ排尿間隔を伸ばすようにしましょう。水の飲み過ぎも要注意です。

排尿の間隔は習慣化することがあります。私もわりと回数は多い方で、少なくとも1日10回は排尿します。排尿の間隔が短いことが続き、膀胱の容量が少なくなっているのかもしれません。少しずつ排尿間隔を伸ばすことで回数を減らすこともできます。病気の可能性が低いのであれば、水の量を減らし、できるだけ排尿回数を減らしてみてください。(看護師)
尿意があるのに我慢すると、膀胱炎を起こします。尿意を感じたらトイレに行くようにしてください。限界になるまで我慢する必要はありません。(看護師)
水中毒といって、大量の水を飲み続けることで低ナトリウム血症を起こし、最悪の場合、死に至ることもありますから、1日の水分摂取は2000ml程度を目安にしてください。(看護師)

すぐに喉が渇くのは病気が原因のこともあります。早期発見のためにも早めの受診がよさそうです。水の飲み過ぎにも要注意。水中毒になってしまうと命にも関わります。排尿間隔をあけることで膀胱の容量が改善されることもありますから、水を控え、回数を減らすよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加