健康

2016/03/24

しつこい鼻詰まり、ほじくって鼻血も…手術なしで治せる?

しつこい鼻詰まり、ほじくって鼻血も…手術なしで治せる?

小さい頃から鼻詰まりに悩まされているという男性から質問が寄せられました。ティッシュを突っ込むため鼻の中が傷ついてしまい悪循環のようです。手術をせずに、食事や薬で根本的な改善は望めるのでしょうか。

50代男性からの相談:「いつも鼻がつまっている感じです」

子供の頃からなのですが、いつも鼻がつまっている感じがします。そのため、しょっちゅう鼻をかんでいます。ティッシュの消費量は半端ではありません。鼻をかむだけでなく、よく鼻にティッシュを突っ込んでほじくるので、時々鼻血が出ます。そこでまたティッシュを大量に使って鼻血を止めます。きっと鼻の中は傷ついていることでしょう。根本的に鼻づまりを直したいのですが、手術はいやです。できれば食事の改善で直したいのですが可能でしょうか。薬でも構いません。(50代・男性)

鼻を温めてやさしく改善

鼻を強くかんだりティッシュを突っ込んだりするのではなく、温める、メンソールの軟膏を塗る、運動して汗をかく、ミントガムを噛むなど、鼻の粘膜に優しい鼻づまり解消法を試してください。

鼻が詰まっているからと、奥の方までティッシュを挿入したり、強く鼻をかむと、ご心配のように鼻の中の粘膜が傷つき、出血したり分泌物が増えます。さらに鼻詰まりを起こすという悪循環も起こります。(看護師)
鼻が詰まっていると思う時は、温かいタオルをあてて、鼻を温めてください。鼻の下にメンソール入りの軟膏を塗るのもよいですし、お湯の蒸気を鼻から吸い込んでみてください。鼻水が出るときは、片方ずつやさしくかむようにしてください。温かい食べ物や辛いものを食べると鼻水がでやすくなりますし、運動して汗をかくのも鼻詰まりの解消になります。鼻の粘膜の修復のためには、ビタミン類を摂るようにしてください。(看護師)
根本的解決にはなりませんが、強めのミントのガムを味がしなくなるまで噛むと鼻の通りがよくなります。また、どうしてもつまりが抜けない時にショウガに効果があるといわれています。(看護師)

耳鼻科でもらう薬の効き目は抜群

一度耳鼻科を受診するのもよい方法かもしれません。よく効く薬を処方してもらうことができるうえ、長引く鼻詰まりに隠れた鼻の疾患を見つけ、原因に応じた根本治療を行うことも可能です。

薬でもよいのであれば耳鼻咽喉科にかかられることをお勧めしたいです。私も寒くなると慢性鼻炎の鼻づまりに悩まされていましたが、耳鼻科で処方してもらう薬の効果は抜群です。それまでは市販のスプレーを使用していましたが、効果の持続時間が全く違いますよ。(看護師)
鼻が詰まりやすいからといって、すぐに手術というわけではありません。鼻詰まりの原因は、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、鼻茸(ポリープ)など、鼻の疾患の場合がありますから、根本的に治したいのでしたら、まずは病院を受診して原因をはっきりさせてください。(看護師)

鼻が詰まったら、強くかんだりティッシュを突っ込んだりせず、温めるなどして改善を図るのがよいようです。根本的な改善を望む場合は、やはり耳鼻科受診が近道。病院に行ったからといって手術になるわけではなく、原因を究明したうえで、よく効く薬を処方してもらうことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加