健康

2016/03/19

ニキビあとのクレーターが消えない!元の肌に戻すには?

ニキビあとのクレーターが消えない!元の肌に戻すには?

過去にニキビをつぶしたところがクレーターになってしまったため、外出もしたくないほど悩んでいる男性からの相談です。クレーターを消して元の肌に戻る方法はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「ニキビのあとのクレーターに悩んでいます」

僕の悩みはニキビができて治ったあとのクレーターです。中学に入学してからニキビができやすくなりました。初めは気にならなかったけれど、鏡を見るたびにブルーな気持ちになります。ニキビが自然に治ったり、出てきたりの繰り返しです。中学の頃、ニキビで悩んでニキビを潰してからニキビあとのクレーターができて、顔の一部として未だに治りません。ショックです。クレーターを消したい、元の肌に戻りたいです。ニキビあとのクレーターのせいで外出したくないです。(20代・男性)

スキンケアだけでの改善は困難。治療を視野に

一度できたクレーターを、洗顔やスキンケアだけで治そうとするのは現実的ではないようです。皮膚科や美容クリニックで受けられる何種類かの治療法があるため、自分に合った治療を検討してみるとよいでしょう。

ニキビは、毛穴に皮脂がたまって、アクネ菌によって炎症を起こした状態です。炎症が角質表面だけでなく、毛穴周囲の組織や真皮にまで至ると、皮膚を修復させようと大量のコラーゲンを生成しますが、この時にできた凸凹の傷跡をクレーターと呼んでいます。(看護師)
一度できてしまったクレーターは、日頃の洗顔やスキンケアで改善させることは難しく、皮膚科や美容クリニックなどで、専門の治療を受ける方も多くいらっしゃいます。(看護師)
治療は、クレーターのタイプやニキビの症状、肌質や機関の方針にもよりますが、酸性の薬剤で、角質を剥がし、新しい皮膚の再生を待つピーリング法や、レーザー、ヒアルロン酸やコラーゲンを使って皮膚の再生を促す方法があります。場合によっては保険がきかないものもあり、逆に悪化させることもありますから、事前にカウンセリングを受けて、自身にあった治療法を行うとよいでしょう。(看護師)

洗顔、保湿、睡眠や食生活にも注意を

皮膚を健康に保ち、正常なターンオーバーを促すために、洗顔と保湿、ストレスと睡眠、ビタミンや発酵食品を取り入れた食生活など、普段の生活の中で心がけることも大切です。

普段の生活では、睡眠不足にならないこと、洗顔は丁寧にしっかり行い、化粧水などで保湿するようにしてください。また、肌によいビタミン類を多めにとるようにしてください。(看護師)
ストレスや睡眠不足も肌にはよろしくないので日常生活を見直すのも大切です。食べ物はもちろん脂っこいものは避けていると思いますが、野菜や果物でビタミンなどを補給してください。発酵食品は皮膚のターンオーバーを正常化するのでヨーグルトや納豆、キムチ、ぬか漬けといった食品を摂るようにするといいとも言われています。(看護師)

ニキビあとのクレーターを、スキンケアで治すというのは難しく、皮膚科や美容クリニックでの治療が必要になるようです。それと同時に、皮膚の正常なターンオーバーを促す生活習慣を身につけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加