健康

2016/03/18

首の後ろにできるしつこい吹き出物の原因は!?

首の後ろにできるしつこい吹き出物の原因は!?

吹き出物は誰にでもできますが、なかなか治らずいつまでも残っていると厄介に思うことも。通常ニキビなどできやすい部位はだいたい決まっていますが、首の後ろなど汗や皮脂が少ない所にできるのは、何が原因なのでしょうか。

40代男性からの相談:「襟足付近にできる吹き出物。なかなか治らないが?」

首の後ろ、特に襟足付近によく吹き出物ができます。赤っぽく腫れるものがほとんどで、放っておくと先端が白くなって潰れます。しかし、このタイプは潰れれば消えるのでまだよいですが、厄介なのは潰れないまま長期間残り続けるタイプのものです。1週間ほど経過しても腫れたままで、吹き出物用の軟膏を塗ってもなかなか小さくなりません。なぜこのような吹き出物ができるのか長年疑問で、原因と合わせて予防法を知りたいです。(40代・男性)

いわゆるニキビである可能性

首の後ろは特にニキビができやすい場所ではないですが、流れてきた汗や、長い髪の毛や枕カバーの雑菌などが原因で、ニキビができることもあるようです。

この場で診断することはできませんが、赤く腫れた後で白い膿のようなものが出る場合はニキビかもしれません。通常、ニキビは皮脂の分泌が多い部分にできますが、首の後ろは汗が流れやすい部分でもあり髪の毛や枕カバーで不潔になりやすいので、ニキビができることもあります。(看護師)
発疹の特徴から、いわゆるニキビが考えられます。首の後ろは、汗腺が少なく汗をかきにくいことや新陳代謝が少ないことから、1度ニキビができると治りにくい場所です。また、首の後ろはシャンプーや石鹸などの洗い残しも多い部分で、それが原因になっている可能性もあります。(医師)

生活習慣を見直してみる

睡眠不足やストレスなども、ニキビができてしまう原因となります。また、シャンプーの際はすすぎ残しがないよう十分に洗い流すなどし、それでも改善しなければ皮膚科で軟膏を処方してもらうとよいでしょう。

ストレスや睡眠不足でもニキビができやすいので、できるだけ規則的な生活でしっかり睡眠をとり、気分転換するようにしてください。食べ物は脂っこいものを控え、肌の再生を促すといわれるビタミン類やミネラルを積極的に摂りましょう。(看護師)
髪の毛が長ければ縛るか短くカットして首に触れないようにし、通気をよくしてください。入浴時は丁寧に洗って石鹸が残らないようにすすぎを十分に行い、入浴後は化粧水などで保湿するとよいでしょう。しかしニキビでなければ対応が違ってきますし、長年にわたり悩まれているようなので、一度皮膚科を受診してはいかがでしょうか。(看護師)
日常生活で気をつける点として、シャンプーや石鹸を低刺激性に変えてみる、洗い残しをしないように気を付けるなどがあります。(医師)
吹き出物の軟膏にも色々と種類がありますが、改善が乏しいようなら合っていない可能性があるので種類を変えたり、皮膚科でどのような薬がよいかアドバイスをもらう方法もあります。場合によっては抗生剤入りの塗り薬が勧められるかもしれません。薬を使用の際は、手を清潔にして塗りましょう。(医師)

首の後ろは不潔になりやすく、意外とニキビができやすいのかもしれません。医師や看護師さんからのアドバイスを参考に、洗髪の仕方や食事や睡眠など、一度生活習慣の見直しを行うのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加