多汗症

2016/03/15

手や足の裏に常に大量の汗をかく…病院で治療できるの?

手や足の裏に常に大量の汗をかく…病院で治療できるの?

常に手足に大量の汗をかくため、人の迷惑になっているのでは、と心配している男性。こんな症状は病院で治療できるのでしょうか。また、手術で根本的に治すという方法もあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「手や足に汗をかいて困っています」

手や足の裏に大量の汗をかいてしまい困っています。気温や状況に関係なく常にじっとりと汗をかいてしまいます。そのため、仕事で書類を整理する際や、通勤の吊革などを使用すると、湿ってしまうので人の迷惑になっている気がします。足はデオドラントスプレーでごまかせるのですが手に使用できる物が見つからないので、途方に暮れている状況です。手や足の裏にかく汗は病院で治療できるのでしょうか。投薬による治療で症状を抑えるよりも、もし手術で治るのなら受けたいと考えています。(30代・男性)

心因性のものが多い限局性の多汗症

手や足など限られた部分に多くの汗をかくのは、限局的な多汗症の可能性が高いようです。緊張やストレスといった精神的要素と関連のある場合が多いということです。

手や足など、部分的な発汗が多い場合、限局性の多汗症と考えられます。心因的なことが原因の場合が多く、緊張したり、不安になったり、ストレスを感じるときに大量の汗をかいていないでしょうか。(看護師)

手術以外にもさまざまな選択肢が

限局性多汗症の治療は手術に限らず、食事、内服、注射、軟膏、カウンセリングなどさまざまな選択肢があります。医師と相談して自分に合った方法を選ぶのがよいでしょう。

限局性多汗症の治療は、食事療法、漢方薬での内服治療、ボトックスにより、発汗を抑える治療、塩化アルミニウムが配合された軟膏での治療、発汗に関与する交感神経を切断する手術があり、精神的な要因が強ければ、心療内科でのカウンセリングも受けられます。手術をお考えでしたら、皮膚科や大きな病院にある麻酔科で相談してください。一般的に日帰りか、短期入院で手術が受けられます。(看護師)
医療機関の治療を受ける場合は、医師の診察やそれぞれの治療方針、患者の希望する治療方法などで治療内容が決定します。注射であれば1回の注射の施行で半年程度効果を持続させることができるので、手術にこだわらずに一度受診されてみてはいかがでしょうか。(看護師)

手足に大量の汗をかくのは、限局性多汗症と呼ばれる症状である可能性が高いようです。心因性の場合が多く、治療としては手術以外にも、内服や軟膏、注射やカウンセリングといったさまざまな方法があります。医師と相談の上、自分にとって最も良い方法を選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加