健康

2016/03/14

過度のストレスで胃に激痛!様子見か、病院受診すべき?

過度のストレスで胃に激痛!様子見か、病院受診すべき?

仕事などのストレスが原因で、胃がキリキリ痛むという経験はないでしょうか。痛みの程度は人それぞれですが、うずくまる程だったり嘔吐してしまうような場合、ストレスが原因だとわかっていても病院を受診した方がよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「時々ストレスで胃に激痛が。ひどいと嘔吐することも」

日常生活において胃が痛くなることは滅多にないですが、人間関係や仕事で過度のストレスがかかると突然胃が痛くなり嘔吐し、呼吸が苦しくなりしばらく動くことができません。このような状態が起こっても、痛い部分を温めながらしばらく安静にしていると治まるため、この件に関して病院を受診したことはないですが、一度診てもらった方がよいのでしょうか。(30代・男性)

症状が続くと胃潰瘍などの原因にも

ストレスで胃酸過多になることはよくありますが、症状がずっと続くと胃潰瘍などの病気になってしまうこともあります。まずは病院を受診して、今の状態を診てもらった方が安心ではないでしょうか。

対処方法は間違っていないと思いますが、胃潰瘍などの病気でないかは検査をしないとわかりませんし、同じような症状を繰り返すうちに胃の負担が増え、病気や症状が悪化する可能性もあります。ひとまず胃の検査を受けて胃がんや胃潰瘍でないことを診てもらった上で、症状に合った薬で治療を開始するとよいでしょう。(医師)
誰でもストレスがかかると胃酸が多く出て、人によっては胃の痛みなどの症状が出ます。しかし嘔吐したりしばらく動けないのなら、多少なりとも仕事や日常生活に支障が出ているのではないでしょうか。胃の痛みそのものがストレスになって、さらに胃酸を増やし具合が悪くなることも多いですし、一度病院を受診した方がよいかもしれません。(医師)
胃痛の原因はストレスによるものもありますが、胃炎や潰瘍ができている場合もあるので、一度病院で検査した方がよいかもしれません。(看護師)

ストレス発散および、食事や生活習慣の改善

ストレスが大きな原因だとわかっているのなら、休みの日は趣味や自分の好きなことなどをして、ストレス発散する時間を持つことが大切です。また胃に優しい食事を心がけるなど、食事についても気を配るようにしましょう。

疲れやストレスが原因なら日常生活を見直し、なるべく疲れやストレスをためないようにしてください。規則的な生活できちんと睡眠をとり、運動や好きな趣味などで気分転換をして、休日は仕事を忘れリラックスできる時間を作ってください。(看護師)
胃に負担をかけないよう、暴飲暴食やアルコール、刺激の強い香辛料、脂肪分の多いものや甘いものは控えるようにしてください。また早食いもよくないので、ゆっくりとよく噛んで食べるように心がけましょう。空腹時に痛みがあるようなら、温かいお茶を飲んだり軽い物を少しつまむとよいでしょう。(看護師)

頻繁ではないにしても、うずくまり嘔吐してしまうほどの胃痛があれば、一度病院で検査をした方が安心かもしれません。日常生活においては看護師さんからアドバイスがあったように、暴飲暴食を避ける、睡眠をしっかりとる、ストレスを発散させるなどを心がけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加