薬を塗っても治らない痔…手術の期間や費用はどのくらい?

  • 作成日:2016.03.12
  • 更新日:2017.01.06
健康

肛門に違和感を覚えつつも、つい後回しにしてしまい、痔になってしまうということがあります。今回の相談者もそんな一人。薬を塗ってもいっこうに治らず、手術もやむなしと考えていますが、痔の手術にはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。また術後の対処も気になります。専門家に聞いてみました。

60代男性からの相談:「痔の手術について」

50歳ごろから肛門に威圧感がありましたが、あまり気にもせずに生活してきました。1年ほど前から排便時に肛門に痛みを生じるようになり、市販薬で治療していますが、痔は悪化するばかりで治りません。このままだと手術をしないといけないと覚悟しています。完全に治癒するための手術時間、入院日数を教えてください。また、退院後の自宅での対応や通院についてもお願いします。(60代・男性)

生活習慣の改善や薬で経過を見ることも。術後の生活は医師に確認を

病院を受診後、すぐに手術とは限りません。生活習慣を見直したり、外用薬などを用いて経過を見ることもあります。それで改善されなければ手術となります。

手術や治療期間、費用などは痔の種類や症状にもよります。一般的に痔は緊急を要するものではありませんから、まずは生活習慣の見直しや、軟膏や座薬などの外用薬で経過を見ます。常に肛門の外側に突出してくるいぼ痔や、排便のたびに肛門が避けてしまう切れ痔で、薬剤と生活習慣の見直しでも症状が改善されない場合、また痔瘻(穴痔)の場合は手術の対象になります。(看護師)
手術後は長時間座る、立ちっぱなしは避ける、4週間程度は車の運転は控える、激しい運動は控えるといったことが必要な場合もあります。喫煙も傷の治りを遅延させる恐れがあるので嫌う医師もいます。飲酒も患部の血液循環をよくしますが、飲みすぎると出血するといったことも考えられます。退院のときにでも医師または看護師に質問してください。(看護師)

日帰りもあれば1週間入院することも。まずは病院で相談を

症状によって日帰り手術で終わることもあれば、1週間入院することもあります。まずは病院で相談しましょう。

手術の費用や入院期間は症状によりますが、いぼ痔の手術でも日帰りでできる場合があります。入院の必要がなければ費用は数万円で、入院すると1週間くらいで費用は10万円前後になります。症状を詳しくみないと手術の適応かもわかりませんから、まずは肛門科を受診してください。手術が必要になっても、術後、気をつけなければならないことは病院で指導してくれます。(看護師)
痔の程度にもよるかと思います。入院期間は病院の医師の考えなどもあります。日帰りもしくは1泊というケースもあれば、1週間程度入院というケースもあります。もちろん患部の状態や質問者様が抱える持病によっても異なってくるかもしれません。まずは受診して医師に質問してみてはいかがでしょうか。(看護師)

症状にもよりますが、病院でもまずは生活習慣の見直しや薬での治療で様子を見るようです。改善が難しい場合は手術になりますが、日帰りで終わることもあれば、1週間入院することもあります。まずは病院で相談してみましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。