健康

2016/03/11

耳鳴りが鳴り止まない…もしかして何かの病気?

耳鳴りが鳴り止まない…もしかして何かの病気?

普段は意識することがないだけに、突如、耳鳴りが起きると、驚くと同時に不安に襲われます。今回の相談者はある日突然、片耳の耳鳴りに見舞われたといいます。なかなか鳴り止まない耳鳴りに何かの病気ではないかと悩む相談者ですが、専門家からはどのような回答が寄せられたのでしょうか。

20代男性からの相談:「耳鳴りがやまないことがある」

誰でも耳なりを経験することはあると思うのですが、ある時、突然やまないことがありました。これは何かの病気の前触れなのでしょうか。特に耳に違和感や痛みなどはなく、ただ片方の耳だけが耳鳴りがやまないのです。耳掃除は頻繁に行なっているので耳垢が詰まっているのが原因だとは考えづらいです。耳が聞こえなくなるのではと思うと怖くてたまりません。耳鳴りがやまない病気などがあるのでしょうか。(20代・男性)

原因はさまざま。疲れやストレスから起こることも

耳鳴りはさまざまな原因から起こります。疲れやストレスからくることもあります。

耳鳴りの原因にはストレス性のものもあれば、病気が影響しているものもあります。耳鳴りが「止まらない時がありました」ということですが、どのくらいの時間・日数持続したのでしょうか。時々起こるような耳鳴りだと、早ければ数秒から数分程度で治ると思いますが、長い人では一日中耳鳴りがする人もいるものです。このような一時的な耳鳴りの原因は急な気圧の変化などで起こることが多いようです。(看護師)
耳鳴りの原因は、不明なものが多いのですが、疲れやストレス、難聴の始まりである場合もあります。耳が聞こえにくくなると、自律神経が活発になり、慢性的に耳鳴りが起こりやすくなります。できるだけ規則的な生活で、睡眠をしっかりとって、疲れやストレスをためないようにしてください。(看護師)

病気が原因の可能性も。早期発見、早期治療を心がけて

繰り返し起こるようなら病気の可能性もあります。治療が遅れると治りにくくなることもあり、早めの対処が大切です。

耳鳴りが起こる疾患には、メニエール病、突発性難聴があります。メニエール病は耳鳴りと共に眩暈を起こす場合があり、キーンとした高音の耳鳴りでなく、ボーっとした重低音の耳鳴りが特徴です。突発性難聴は、耳鳴りとともに耳の聞こえが悪くなります。耳鳴りを伴う疾患は、早期発見、早期治療が大切ですから、気になるようでしたら、早めに病院を受診してください。(看護師)
片方だけが耳鳴りしたり、耳鳴りが止まらないことが頻回にあったり、4日以上耳鳴りが止まないのであれば、耳鼻咽喉科を受診されたほうがよいかもしれません。ストレスが原因であれば身体的にはそう問題にはなりませんが、脳腫瘍、脳血管障害、高血圧などが原因だった場合は今後の人生に影響してくることになるかもしれません。(看護師)

疲れやストレスが原因で耳鳴りが起こることもあるようです。規則正しい生活と、十分な睡眠を心がけましょう。病気が原因の場合、治療が遅れると治癒が困難になることも。早めの受診で原因を調べるのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加