健康

2016/03/05

激しい胸やけと胃の痛み……。消化器系の病気なのか?

激しい胸やけと胃の痛み……。消化器系の病気なのか?

何だか胃腸の具合が……激しい胸やけがする。このようなことは誰にでも起こりますが、しばらく続くと何かの病気では?と不安になってしまうことも。このような症状が続く原因は、どのようなことが考えられるのでしょうか。

50代男性からの相談:「長引く胸やけと胃の痛みの原因は?」

仕事が忙しく食事時間が不規則で、夕食は22時を過ぎることが多いです。胸焼けが激しく空腹時に焼け付くような痛みがあり、食べてすぐに寝るのがダメなのかと軽く考えていましたが、最近は食事を抜いても空腹時の胸焼けがひどいです。食欲はありますが、胸焼けが怖くて満足に食べることができず、何か大きな胃の病ではと不安です。しばらく絶食した方がよいでしょうか。(50代・男性)

胃酸の逆流を抑える

胸やけの原因はほとんどが胃酸の逆流のようですが、一時的なものなら生活習慣の見直しで改善可能とのこと。また空腹だと余計に胃酸が分泌されるため、絶食は逆効果なようです。

胸やけのほとんどが胃酸の逆流によって起こります。胃酸は食べ物を消化するため強酸性ですが、強力な粘膜で保護されている胃とは違って食道には強力な粘膜がないため、胃酸が逆流すると食道粘膜が傷つき胸やけを起こします。食道と胃の境目には下部食道括約筋があり、年齢や体調によりこの括約筋の働きが弱くなると胃酸が逆流しやすくなりますが、一時的なものなら生活習慣の見直しで改善できます。(看護師)
空腹時にもかかわらず胃酸が出ている状態と考えられます。胃酸は薄めた方がよいので、食事を抜くより少し胃に物を入れた方がよいですし、水を飲むだけでも効果があります。胃酸が空腹時にも出てしまう原因はストレスなので、ストレスが減るように生活を見直す必要があります。(医師)
食べ過ぎた翌日は絶食して胃を休めてもよいですが、空腹だと胃酸の分泌が増えるため、絶食しても水分は摂ってください。この時も胃を刺激しないよう、温かい飲み物がよいでしょう。気になるようなら早めに病院を受診してください。(看護師)

出血の可能性がなければ薬で様子見も

便の状態を見て胃から出血しているようでなければ、まずは市販薬などで様子を見てもよいと医師はアドバイスしています。また、生活習慣の改善も併せて行いましょう。

胃酸を抑え、胃の粘膜を保護する市販薬などを試すのもよいでしょう。場合によっては、胃酸により胃・十二指腸潰瘍ができている可能性もありますが、出血がなければ病院にかかっても同じような薬での治療となります。出血の有無は便の色で判断し、黒い便は出血の可能性があるのですぐに受診が必要です。(医師)
薬を服用しても症状が続いたり過去に胃の検査を受けていない場合は、胃がんでないことを確認するためにも、一度胃カメラをした方がよいでしょう。(医師)
暴飲暴食や遅い時間の食事は避け、仕方がない場合は消化のよいものを軽めに摂りましょう。煙草やアルコール、炭酸飲料やコーヒー、脂肪分や糖分を含むものも控えてください。食事はよく噛んでゆっくり食べ、その後すぐに横になると胃酸が逆流しやすいので、食後2時間、無理なら少なくても30分は横にならないようにしてください。(看護師)

生活習慣の改善と併せ、市販薬などを試してみるとよいかもしれません。便の状態を見て出血が心配であれば、早急に病院を受診した方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加