メンタル

2016/02/26

過去に何度も失敗…禁煙外来に行けば成功できる?

過去に何度も失敗…禁煙外来に行けば成功できる?

健康のために家族のために禁煙をしたい、という気持ちはあっても、止めることはそう容易ではないのかもしれません。自己流で禁煙が続かなかったという相談者の男性は、禁煙外来に興味がある様子。実際に禁煙外来ではどのような指導が行われるのでしょうか。

20代男性からの相談 :「禁煙できず夫婦関係も悪化」

禁煙がなかなか続きません。子どもができたので禁煙したほうがよいと妻にいわれて試みたのが最初で、それから何度か挑戦したのですが、なかなかうまくいかずにすぐタバコを吸ってしまいます。子どもにとっても当然悪影響で、禁煙ができないせいで夫婦関係も悪化していっています。現在病院では禁煙外来というものがあると最近知ったのですが、禁煙外来に行けば禁煙はできるのか、詳しく教えてください。(20代・男性)

禁煙外来を訪れる前に

禁煙には本人の意思が大きく反映されるため、禁煙外来で必ず克服できるとは断言できません。受診する前に、まずはご自身の意思をもう一度確認してください。

禁煙するにはご自身の強い意思が必要です。禁煙外来では、禁煙を成功させるための補助ができますが、自身の意思がなければ、いくら治療を受けても禁煙を成功させるのは難しくなります。まずは禁煙の目的を明確にしてください。その上で禁煙する意思を固め、禁煙外来を受診してください。(看護師)
禁煙外来に通っていてもタバコを吸いたくなることはあるのです。ただし、一般的に市販されているようなニコチンパッチやニコチンガムとは違い、病院で処方されるのは効果をしっかり試験したものが取り扱われています。絶対に辞められる保証はありませんが、行ってみる価値は十分にあると思います。(看護師)

禁煙外来で行われること

禁煙したい本人にあわせた治療と指導が行われます。まずはカウンセリングを受けてみましょう。

禁煙外来では医師とカウンセリングを行い、ニコチン依存症であるか、禁煙の意思があるかを判断し、治療が開始されます。治療には禁煙補助剤のガムやパッチ、内服薬など、ご本人にあった治療法が選択されます。途中で断念しそうになっても、医師からのフォローが受けられますので、個人的に禁煙を試みるより成功する確率は高いでしょう。ぜひ成功させてください。(看護師)
禁煙外来は禁煙を成功させる援助を受けるためのものであり、行けば絶対にタバコを辞められるというものではありません。禁煙外来で行われるのは、病院によって多少違えど、カウンセリング、現在の喫煙・禁煙状況などの聴取、離脱症状を軽くするための薬の処方などです。つまり「タバコを吸えば吐き気がする」というような薬をもらえるわけではありません。あくまで禁煙を手助けするためのものです。(看護師)

禁煙外来は禁煙への手助けをしてくれる機関で、本人の強い意志がなければ必ず成功できるとは言い切れません。しかしカウンセリングで本人にあった指導が行われるのが通常で、自己流で行うよりも効果が期待できそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加