陰茎

2016/02/22

亀頭が小さく早漏気味…どうすればいい?

亀頭が小さく早漏気味…どうすればいい?

多くの男性を悩ませる仮性包茎。今回の相談者も例外ではありません。亀頭が小さく、いきやすいと悩んでいます。どうすれば改善できるでしょうか。人には聞けない包茎の治療法について、専門家に聞いてみました。

20代男性からの相談:「亀頭が小さく早漏気味」

亀頭部分が小さく、仮性包茎なので、見た目が男らしくありません。セックス時にも亀頭の小ささが悪影響となっています。挿入時にいきやすく、女性を満足させる自信がありません。仮性包茎を治すことで亀頭が大きくなったり、早漏が治ったりといった効果はあるのでしょうか。亀頭に何かを注入するなどという治療方法はありますか。(20代・男性)

刺激に敏感な仮性包茎。亀頭が露出することで早漏改善も

亀頭が被っている包皮には感度に敏感な細胞があるため、手術でこれを取り除くことで早漏が改善されることもあるようです。

仮性包茎は外部の刺激に敏感で、射精をコントロールしにくいといわれます。個人差がありますが、手術で常に亀頭を露出させたことで、亀頭が鍛えられて大きくなった、早漏が治ったという意見もあります。また、仮性包茎は亀頭部に汚れや雑菌がたまり、不潔になりやすく、感染症を起こしやすくなります。病気ではないので積極的に治療する必要はありませんが、長い目で見ると手術した方がよいかもしれません。(看護師)
早漏予防として普段から皮をむいた状態に慣れさせる方法があります。その状態で過ごすようになると、刺激に慣れて射精しにくくなるようです。(看護師)
アミノ酸を多く含む食品をとったり、運動すると局部が大きくなるとはいうものの、真偽のほどは定かではありません。局部も血液循環しており、血液循環を促す意味では運動は有効でしょうし、食生活に気を使うのは重要かもしれません。(看護師)

手術はメリットだけでなくデメリットも。事前によく相談を

手術にはメリットもありますが、デメリットが全くないわけではありません。事前によく相談し、検討するようにしましょう。

亀頭が包皮に隠れている状態が包茎ですから、手術で余分な皮がなくなると相対的に大きく見えることはあるようです。また包皮には感度を感じる細胞があり、手術でこれを取り除くと早漏の改善にもつながりますが、反対に遅漏になってしまうデメリットもあるようです。(看護師)
亀頭というよりペニスを大きく見せるため、シリコンやヒアルロン酸を注入する場合もあります。ネットでもグッズやサプリが販売されていますが、感染を起こし、危険な状態になる場合があります。手術するなら、泌尿器科や専門の機関でよく相談してから検討してください。(看護師)
ネットなどでサプリメントを摂取して大きくする手段があるようですが、こういった広告類の中には、効果があるようにみせかける手段も存在しますので、なんともいえません。男女では性に関する仕組みも異なり、男性のようにピークが過ぎて終わりではなく、女性は何度もピークがきて感じるので挿入以外に前戯を行なったりしてはいかがでしょうか。 (看護師)

仮性包茎は刺激に敏感なため、皮をむいて露出させることで早漏が改善することもあるようです。もっともかえって遅漏になったりといったこともないわけではありません。事前に泌尿器科や機関とよく相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加