陰茎

2016/02/19

排尿時、射精時に尿道に痛みが…原因は?

排尿時、射精時に尿道に痛みが…原因は?

排尿や射精のときに感じる尿道の痛みはいったい何が原因なのでしょうか。今回は40代の男性からの相談です。長時間、尿道や睾丸を圧迫した姿勢でいるのが悪いのかと悩んでいます。以前患った前立腺炎も関係があるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

40代男性からの相談:「射精時、排尿時に感じる痛みについて」

射精時、排尿時に尿道の辺りにひきつるような痛みを感じることがあります。たまに感じる程度で、それほど強い痛みではありませんが、気になっています。固めのイスに座ったり、足を組んだ状態でイスに座ったりなど、尿道や睾丸を圧迫した状態を長時間続けることがあり、それが原因かとも思います。また数年前に前立腺炎と診断されたことがありますが、今回の症状と関係はあるのでしょうか。(40代・男性)

原因はさまざま。痛みが続いたり血尿が出たら病気の可能性が

原因はさまざまですが、一時的なものならさほど心配はないようです。持続する痛みや、血尿が出るようなら病気の可能性もあります。

勃起して射精する場合、尿道括約筋が硬く収縮し、精液の逆流を防ぎます。射精の後、括約筋の緊張がほぐれないまま排尿すると痛みが生じる場合があります。性行為でも自慰行為でも、射精の後の排尿で痛みがあるのは生理現象のようなもので、持続した痛みでなければ心配ありません。2回目以降の排尿でも痛みがあったり、血尿が出る場合、排尿後も痛みが持続するようなら、感染症や生殖器、膀胱の疾患の可能性があります。(看護師)
過去に前立腺炎に罹患しているのであれば、排尿時に生じる痛みは、なんらかの菌が再び体内入り込んで、そのような症状を呈しているのかもしれません。尿道に炎症を起こしても排尿時に痛みを感じることはあります。また性感染症の一種でも排尿時に痛みを感じることがあります。万が一心当たりがあるようであれば、そういった可能性も考慮してください。(看護師)

睾丸や尿道の圧迫は避けて。前立腺は定期的に検査を

睾丸や尿道を圧迫するような姿勢は避けるよう心がけましょう。前立腺炎は慢性化する可能性もあります。定期的に検査しましょう。

長時間、睾丸や尿道を圧迫するのは好ましくありません。時々立ち上がったり、屈伸運動をして血行をよくしてください。前立腺炎は、早期に治療すれば数日で治癒しますが、慢性化することも多く、急速に症状が出る場合があります。治癒したと思っても、定期的に検査を受けた方がよいでしょう。(看護師)
軽度でも気になるようなら泌尿器科を受診されてはいかがでしょうか。尿道炎や前立腺炎も放置すれば菌が悪さをしてしまい、おしっこの出を悪くしてしまい、その結果、腎臓等の臓器に影響をきたします。発見が早ければ治療も短期間で済みますし、なにもなければそれにこしたことはありません。安心を得る意味でも受診されてはいかがでしょうか。(看護師)

原因はいろいろ考えられるものの、一時的な痛みならさほど心配はないようです。持続したり、血尿が出るようなら、病気の可能性があります。早期発見のためも泌尿器科を受診しましょう。また座り姿勢にも注意し、尿道や睾丸を圧迫しないよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加