陰茎

2016/02/17

包茎で勃起時も亀頭が露出しない…手術したほうがいい?

包茎で勃起時も亀頭が露出しない…手術したほうがいい?

包茎を気にする男性は少なくありません。今回の相談者もそんな一人。手術を考えるものの、ためらってしまうといいます。手術に抵抗がある人も少なからずいますが、手術はしたほうがよいのでしょうか。なかなか人に聞けない包茎について専門家に聞いてみました。

20代男性からの相談:「勃起時にも亀頭が露出しない包茎について」

包茎で勃起しても亀頭が露出せず、とても情けないです。この状態では人に見せるのはとても恥ずかしいです。日本人には包茎は多いと聞きますが、もともと包茎だった人は手術を受けたりするのでしょうか。手術にはとても怖いイメージがあり、何度か相談しようと思ったものの、怖さと恥ずかしさとで勇気が出ません。今のところ生活に問題はありませんが、これから不具合が出てくるのでしょうか。(20代・男性)

日本男性の6割が包茎。皮がむける状態なら清潔に保てば問題なし

日本男性の約6割が包茎といわれます。皮がむける仮性包茎ならば、清潔に保てれば特に問題はないようです。

通常は皮が被っていても勃起時や自分の手でむける状態を仮性包茎といい、勃起時でも皮をむくことができない状態を真正包茎といいます。包茎は病気ではないので、積極的に手術をする必要はありませんが、常に皮が被っている状態だと汚れや雑菌がたまりやすく、不潔になって感染症を起こしやすくなります。また見た目のコンプレックスで手術を受ける人もたくさんいます。(看護師)
日本人の約6割はなんらかの包茎だといわれます。日常生活で困っていないのであれば、手術を受けなくてもよいのではないかと思います。困るとしたらセックスの際に劣等感を感じてしまう男性の見栄の問題です。また、勃起時にむけないのであれば、包皮の間に菌や恥垢がたまり、感染症になる場合もあります。むいて清潔にできるなら手術は必要ではないと思います。(看護師)

手術は数十分で終わるものの保険適用外。まずはカウンセリングを

手術は数十分で終わりますが、保険適用外のため、費用は十数万かかります。男性スタッフだけの専用の機関もありますから、まずはカウンセリングを受けるのがよいようです。

最近は男性専門のクリニックで、医師も看護師も男性スタッフが対応する機関も増えていますし、プライバシーは守ってくれます。状態にもよりますが、手術時間は数十分で、日帰りでの手術が可能です。費用は保険が適応できないので十数万かかるようです。カウンセリングだけなら無料のところもあるので気になるならネットなどで調べてみてください。(看護師)
勃起時にむけないのであれば、コンドームの装着が難しい、痛みを感じる、感染症になる可能性があるといったリスクがあります。手術をすると清潔にしやすくなり、感染症のリスクは減ります。また、包皮の部分に刺激を感じる部分があるため、包茎手術によって以前より射精までの間隔が長くなったり、大きさも相対的に大きくみられるなどのメリットもあります。(看護師)

日本男性の約6割が包茎です。生活に支障がなく、清潔に保つことができるのであれば、さほど心配しなくてもよいようです。手術は数十分で終わりますが、保険適用外です。男性スタッフだけのところもありますから、まずは相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加