メタボリック

2016/02/15

見るからにメタボ…効率よくダイエットできる運動は?

見るからにメタボ…効率よくダイエットできる運動は?

自分がメタボだということに健康診断前から気づいていたという男性。今と将来のためにダイエットを決意したものの、短時間で効率よくダイエットできる運動はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「見た目でもうメタボだと分かる」

健康診断を受けてなくともメタボだと自覚しており、実際に健康診断を行ったらやはりメタボでした。外見的にもコンプレックスになり、また体も重く、糖尿病や高血圧が心配になります。私自身はなんとかしよう、なんとかしようと思ってはいるのですが、私の心が弱くなかなか行動に移せません。このままでは将来重い病気にかかったり、自分の健康に何かあったときに必ず今の体型が障害になると思い相談に至りました。体質的なものもあるのかもしれませんが、学生時代は今より1回り以上小さかったので、原因は昔より動かなくなった事です。今の自分の体力では昔の様に激しい運動は難しいのかもしれません。自由な時間も若い頃よりは少なく、朝方や風呂上りなどの短い時間で効率よくダイエットするにはどの様な運動をすると効率がよいでしょうか。(20代・男性)

効率よりも続けやすさを重視した運動を

負担にならずに続けられることが一番大切。少し早起きする、通勤時間を利用するなど、日常生活の中で行いやすい方法で運動しましょう。

激しい運動は体に負担をかけますし、長続きしにくいので、手軽に行える運動を計画してください。朝30分早く起きて、軽いジョギングやウォーキングしたり、ラジオ体操をしたり、運動する時間がなければ、1駅前から歩いたり、なるべく階段を使ったり、歩く時は早歩きにしてください。勤務先が遠距離でなければ、通勤を歩行や自転車に変えてもよいでしょう。朝早く起きるのが辛ければ、寝る前にストレッチや体操を行ってください。(看護師)
やらなければと思うと、負担になりますし、続けることが大切ですから、日常生活の中でできることを行ってください。(看護師)
以前は30分以上続けて運動しないといけないといわれていましたが、現在ではそのようなことはないということがわかってきました。継続する意思が続くか不安なようですので、効率を重視するよりもどんなことが続けやすいのかを考えたほうがよさそうです。(看護師)

食事を含めた生活習慣も見直しを

メタボは今の生活習慣が健康に悪いというメッセージでもあります。食事などの生活習慣をいま一度見直すよい機会としましょう。

ダイエットはその取り組みを継続し続けていかなければならないですし、リバウンドというものもあるのでなかなか意欲を持って継続していくのは難しいものです。メタボリックシンドロームは生活習慣が大きく関わることなので、現在の生活習慣に問題があるということができるでしょう。現在の生活を続けていれば何かしらの内科的疾患にかかってしまう可能性は否定できません。(看護師)
規則的な食事を心がけること、脂肪分を控えたバランスのとれた食事を摂るようにしてください。(看護師)

メタボ解消のためには、効率よりも続けやすさを重視し、日常生活の中で無理なく行える運動を選択しましょう。また、食事を含めた生活習慣を見直すことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加