口臭

2016/02/10

朝一番の口臭がひどく妻と別の寝室に…どう対策すれば?

朝一番の口臭がひどく妻と別の寝室に…どう対策すれば?

口が臭うと、自分が嫌なだけでなく他人にも気を遣ってしまいます。毎食後の歯磨きやマウスウォッシュなど、丁寧に口腔ケアをしていても口臭が発生してしまうのはなぜなのか、効果的な予防法はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「起床時の口臭が気になるが、原因と対策は?」

40歳になった頃から、自分でも嫌になるほど朝一番の口臭が気になります。就寝前はしっかり歯を磨きマウスウォッシュもしていますが、朝には臭いが気になります。もともと妻と寝室は同じだったのに今は別の部屋で寝ているは、私の口臭が原因のように感じます。会話をするときも横を向いて少し離れた位置からの会話で、このままでは娘からも距離を置かれてしまいそうです。どのような対策をとればよいのでしょうか。(40代・男性)

目覚めの口臭「モーニングブレス」

朝一番に口の中が臭うのはよくあることで、モーニングブレスと呼ばれる現象だと歯科衛生士さんは説明しています。モーニングブレスの原因と対策について、以下のようにいくつかアドバイスをいただきました。

起床直後の目覚めの口臭は、「モーニングブレス」と呼ばれ誰にでも起こる現象で、原因は睡眠中に唾液の分泌が減少することです。口臭の主な原因は、口腔内の細菌が出す悪臭のするガスです。天然の抗菌洗浄液である唾液が減ると、細菌が繁殖し放題になり起床する頃には最も多くなるため、起床時の口臭が一番臭うのです。(歯科衛生士)

寝る前に口の中の菌を極力減らす

完璧に歯磨きをしたとしても、全体の80%ほどの菌しか除去できません。フロスか歯間ブラシも併用して、入念にケアするようにしましょう。(歯科衛生士)

就寝中の口の乾燥対策

口が乾燥すると、ますます細菌が繁殖しますが、寝ている間、口呼吸をしていませんか?いびきをかいている場合は、その可能性が高いです。マスクをするか、風邪対策として以前に流行った、絆創膏を口に貼る方法も有効なようです。(歯科衛生士)

朝一番の口臭が強いのは、就寝中に口腔内の唾液の分泌が減るため、細菌が増殖してしまうからのようです。就寝中に口を開けて寝ていないかなど、一度、家族にチェックしてもらうとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加