メンタル

2016/02/07

5年続くうつ病治療…薬で抑えられても、完治は無理なの?

5年続くうつ病治療…薬で抑えられても、完治は無理なの?

近年のストレス社会により、急激な増加傾向にあるといわれる、うつ病患者。治療はカウンセリングと薬の内服が主となりますが、個人差はあるものの、改善されるまでには長い時間がかかるようです。薬はいつまで必要なのか、また、うつ病は完治するのでしょうか。

30代男性からの相談:「抗うつ剤を飲み続ければ、うつ病は完治するのか?」

5年ほど前から、うつ病の治療を行っています。何度か薬を変えて副作用の少ない薬に落ち着き、セパゾン、サインバルタ、ジェイゾロフトを飲み続けていますが、症状を抑えられても治癒に向かっているという実感はありません。急激に症状が悪化することはなくなりましたが、5年間かけて徐々に症状が悪化しているような気もします。このまま薬を飲み続ければ、うつ病は完治するのでしょうか。(30代・男性)

完治の判断はとても難しく、自己判断は危険

うつ病の完治については、その判断が非常に難しいようです。治ったと思っても実は完治しておらず、急に症状が悪化することもありますので、自己判断は危険だと看護師さんは説明しています。

うつ病の治療には時間がかかりますし、どの時点で完治したと判断するかは難しく、一番怖いのは、治ったと自己判断することです。一見、治ったように思えても、突然症状が現れることもあります。(看護師)
完治というと、なかなか表現が難しいですね。インターネットなどの情報で「うつ病が完治した方法」などというものもありますが、それで治れば病院も実践しているはずですので、真偽はいかがなものでしょうか。(看護師)
現代社会はストレス社会ですので、100人に1人は、うつなどの病気を抱えていますが、薬の内服を続けて症状を抑えることはできます。また、症状が治まったからといって薬の内服をやめてよいかといわれれば、それは一概にはいえません。(看護師)

まずは症状を抑えることが先決

うつ病治療の第一歩は、まず症状を抑えて今以上に悪化させないことです。通常の日常生活が送れることを目標に、投薬治療などで今後の様子を見ましょう。

まずは症状を抑えることが第一の治療となり、その先に薬を減らすなどの処置がとられていくので、まずは医師の指示通り内服を続けるのが最善ではないでしょうか。高血圧などの生活習慣病でも、まずは血圧を下げる(症状を抑える)ことが第一で、方法として減塩などの食事指導や薬物治療が選択されていきます。(看護師)
症状が悪化しているとは、具体的にどのような症状があるのでしょうか。うつ病の治療は薬の内服と併用して、医師や心理療法士などがカウンセリングを行い、生活環境を整えて症状を抑え悪化させないこと、安定した日常生活を送れるようになることが重要です。(看護師)
現在、副作用がなく症状が落ち着いているのなら、よい状態を保てているのではないでしょうか。状態が安定していれば徐々に減薬もできますが、勝手に薬を減らしたり中止するのは、大変危険です。症状や薬に関すること、治療に対する不安なことなどは必ず、医師に相談するようにしてください。(看護師)

うつ病の治療は時間がかかるため、目に見える変化がないと「もう治らないのでは?」と不安になってしまうことも。しかし、現状ではひどく悪化している様子はないようですし、このまま医師の指示通りに薬の内服を続け、不安なことは医師に相談するのがよいのではないかとのアドバイスをいただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加